読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

必見!ニルヴァーナの名曲で本当に男性力がアップするの?

ウェールズの歴史

こんにちは!ウェールズ歴史研究家のたなかあきらです。

今回は世界中に自分の遺伝子を振りまいて、考えられないほどの子孫を現在に残してしまったウェールズ人のお話です。なぜこの中世のウェールズ人はそんな事ができたのでしょうか?

その方法を公開いたします!!

えっ、あなたもやってみたいですって???

じゃ、とっておきの方法を教えましょうか。

 

 

<登場人物>

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain歴史が大好きなワタル氏

f:id:t-akr125:20160403180650j:plainヤサ男の部下アサオ

 

遺伝子研究で分かった驚愕の事実

 

アメリカのジョン・ホプキンズ大学によって17か国4000人に及ぶ遺伝子の調査が行われました。その結果、驚愕の事実が発覚したそうです。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain
遺伝子の調査?何のために?

 

世界中の遺伝子を調べて統計を取ったところ、推定700万人の人々にある特有な遺伝子を持っていることが確認されました。そして、その共通の遺伝子を持った人々の祖先をたどると、ある人物に突き当たりました。

 

f:id:t-akr125:20151009082118j:plain 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain
この人物か????

 


失敬!

 

f:id:t-akr125:20161122233030j:plain

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain
誰だこれ?

 

その男は9世紀ごろにイギリスのウェールズ地方に住んでいた貴族、グウィリム大征服者と呼ばれた人物であることが突き止められました。グウィリムは領土で世界を征服したのではなく、遺伝子で世界を征服した男であることが分かったのです。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain
この風貌じゃ、グウィリム大征服じゃなくて、グウィリム大ナンパ王の感じだな


ウェールズには古くからこの男の言い伝えがありました。しかし、ウェールズによくある伝説か魔法による作り話じゃないか?本当なわけないよ・・といわれていました。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain
ドルイドや魔法使いマーリンの話がウェールズには多いからな。

ところが最新技術と労力を駆使して調査に乗り出したところ、伝説の話はDNA鑑定の結果正しいことが判明しました。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain
それは事実として、男ならどうやってグウィリムがそんな事をやってのけたのか、方法が知りたいな。 

 

 その男の遺伝した世界中に広がった理由 

グウィリムの遺伝子の広がりを調べてみると、イギリスを起点になんとヨーロパ、北アフリカ南アメリカ、アジア、そして南アメリカに戻るという軌跡をたどっているそうです。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain
グウィリムの遺伝子はなぜそんなに広がったんだ?

 

f:id:t-akr125:20151008224704j:plain

 

遺伝子が広がった理由その①

グウィリム自身類まれなる大ナンパ王で17歳の時にナンパデビューして以来、毎日毎日ナンパをしまくっていたそうです。年齢、体重、外見は気にすることなく、女性なら誰でも良い!と見境なく毎晩のように女性を連れ込んでいました。

  

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain
やっぱりとんでもないナンパ師か!こんなやつ、女性の敵だな

 

こんな伝説があります。グウィリムのお気に入りのシルクベッドは、17歳の誕生日以降冷たい日は一日もなかったと言われています。17~29歳までこんな生活を毎日続けていたらしく、単純計算で少なくとも4000人以上の女性と床を共にしたことになります。   

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain
あきれてものが言えんよ・・・

 

遺伝子が広がった理由その②

グウィリム自身はウェールズから離れなかったようですが、子孫達はが世界中を移動したため彼の遺伝子が世界中に広がったと予想されています。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain
その子孫たちもひょっとして・・・

 

遺伝子が広がった理由その③

グウィリムの子孫たちも、グウィリム同様にナンバな男たちが多かったとか。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain
そう、その、そのナンパ術を教えてくれ~

 

世界征服した男のナンパ術の秘訣


そんな女性を虜?にしたグウィリムはどんなナンパの秘訣をもっていたのか?

 

ナンパの秘訣①

グウィリムはもの腰がやわらかく、とても口のうまい人物でした。ささいな話でも、とても楽しく興味ある話に変えてしまう秘技を持っていました。話の面白さに多くの女性は魅了されグウィリムの周りに集まったことでしょう。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain
こんな話の男、周りにもいそうだな

 

ナンパの秘訣その②

グウィリムは野生的な白い肌と長い髪、筋肉のついた太い腕と肩とセクシーな風貌でした。胸の周りが広くあいた派手な色彩の服を着て、胸には家紋章の大きなメダルをつけて、女性を魅了するいい香りをさせていました。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain
けっ、男から見てこんな人物は、いかにも!という感じで嫌な奴だな

 

ナンパの秘訣その③

グウィリムはどんな女性にも近づき、グウィリムの上手い話とセクシーな姿の罠にはまった女性は、その後の口説き文句に落とされベッドを共にしてしまうのでした。彼の太い肩と腕で壁ドンをして、時によっては10-12時間も口説いていたとか。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain
よくもまあ、そこまで情熱があるもんだ。

 

そうそう、さら子孫達もグウィリムと同様に、外観・体格的なセクシーさを持つ遺伝子と、女性をとりこにする口の上手さを兼ね備えていたようです。

 

f:id:t-akr125:20151008224833j:plain

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain
これらを秘訣と言われてもなあ、こんな秘訣は無理だ!

 

グウィリムは一度床を共にした女性には無関心になってしまい、彼とナンパに励む仲間たちに女性を回してしまったようでした。

グウィリムはとうとう29歳の時に、グウィリムに口説かれ妻を寝取られた近隣の貴族にメタメタに惨殺されたようです。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

当然だ!自業自得だな!
ナンパ術はダメだな・・・・他によい秘訣はないのか?

 

それは後ほど、ということで。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain
あるのか???

 

★★貴方もできる!男性力をアップさせる方法★★

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

よっ、待ってました!

 

f:id:t-akr125:20151008225456j:plain

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

ん、ギター??

 

そうです。ハーバード大学の研究者が驚くべき調査結果を報告しました。なんとアメリカのハードロックバンド、モトリークルーのデニムジャケットを着ている男性や、ニールヴァーナをよく聞く男性には、男性能力が高い傾向があることが分かりました。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain
なんと!!

 

モトリーのデニムジャケットを着ている人は着ていない人と比べ、男性ホルモン(テストステロン)が多く、2倍の男性能力を持っているとか。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

なんだって?それは本当か?それなら俺にもできるぞ!

 

自分に自信を持てない男性諸君はモトリークルーのデニムジャケットを着て
ニールヴァーナを聴くようにしてはいかが。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

うん、うん、そうするそうする。

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com