ウェールズ語ってどんな言語 ウェールズ語の歴史、表現、学べるサイト

ウェールズ語ってどんな言語 ウェールズ語の歴史、表現、学べるサイト

 

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain
こんにちは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。ウェールズはイギリスの一国ですが、ウェールズ語は英語とは全く異なる、魅力的な言葉です。

今回は、ウェールズ語について、どんな言語なのか、歴史や特徴、簡単な表現、学べるサイトをご紹介します。

Online ウェールズ語 日本語 辞書

 

 👉おすすめ記事:

・ウェールズの歴史が面白いと言われている4つの理由!

・この単語はウェールズ語?英語に取り入れられた数々のウェールズ語 

>>ウェールズの英語 ウェルシュ・アクセント(Welsh accent)とは?

・ウェールズ訛りの面白おじさんのイギリス英語の発音 聞き取れますか?





 

 

イギリスの言語概要とウェールズ語

 

 

f:id:t-akr125:20170909160520j:plain

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain
イギリスのグレートブリテン島を見ると大きくは、イングランド、ウェールズ、スコットランドに分かれており、公用語は英語です。しかし、何れの国も民族が異なっており、独自の言語も持っています。

 

・イングランド:5世紀頃に大陸からやってきた、ゲルマン系のアングロ・サクソン族が話す言語が英語です。

・ウェールズ:起源前数世紀に、大陸からやってきたケルト系民族が話す言語がウェールズ語です。

・スコットランド:起源前6千年頃に大陸から渡ってきたケルト族の言語(ピクト族のピクト語)と、5世紀頃からアイルランドからやってきたスコット族のゲール語が融合した言語が、スコットランド・ゲール語です。

 

ウェールズ語の歴史概要

 

f:id:t-akr125:20170909160640j:plain

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain
この様に、ウェールズ語はケルト語の一つで、ヨーロッパ大陸、ドイツのドナウ川上流が起源だそうです。

ケルト族の人々がウェールズに住むようになったのは、起源前数世紀の頃に大陸から移住してきた頃と言われており、英語とは大きく異なる言語なのです。

 

中世以前、ウェールズ語は話し言葉だけで、文字を持たない言語であったため、公式文書にはラテン語が主に使われていました。

13世紀後半にウェールズがイングランドに征服され、16世紀にイングランドに併合されてから、ウェールズでは英語が公用語となり、学校などでまウェールズ語を教えることが禁止されました。

ウェールズ語が公用語として再び認められたのは1967年のことで、ウェールズ語を話せる人口は減少し続け20%を切っていました。

最近では、ウェールズ語の関心が高まり、政府も様々なウェールズ語のプログラムを始め、最近ではウェールズ語を話せる人口が増加しています。

※現在の3〜15歳のウェールズ語人口は約40%

 

ウェールズ語はどんな言葉?

 

ウェールズ語の簡単な表現

 

f:id:t-akr125:20170909160719j:plain

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain
いきなりウェールズ語を聴いてみましょう。全く分からないですし、聞きなれない発音が、たくさんある事に気がつくと思います。

www.bbc.co.uk

 

ごく簡単なウェールズ語の表現を紹介しましょう。

・ウェールズ
Cymru(カムリ)

・ウェールズ語
Cymraeg(カムライグ)

・おはよう
Bore da(ボレダ)

・こんにちは
Prynhawn da(プランハウン ダ。午後のあいさつ)

・こんばんは
Noswaith dda. (ノスワイス ザ)

 

・こんにちは
Sut mae. (シュマイ)


・私はあきらです。
Akira Dwi.(アキラ ドウィ)

・ごきげんいかが?
Sut ydych chi? (シュッディッキー)

・良いですよ
Iawn. (ヤウン)

・ありがとう
Diolch. (ディーオルク)

・おやすみ
Nos da. (ノスダ)

・さようなら
Hwyl fawr. (フイル ヴォゥル)

英語とは大きく違う事がお分かりでしょう。 

 

 

ウェールズ語に特徴的な発音

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain
ウェールズ語には日本語になく、英語にもない発音があります。代表的な例を紹介します。

 

・chの発音

とても強く息を吐き出してクとヒの中間を発音する様なイメージです。例えば、ウェールズ語で有難うを意味する、Diolchの最後のchの発音になります。

 

 ・LLの発音

英語のLを発音する様に、舌を上アゴの葉の裏付近につけて。息を強く出しながらLの発音をする感じです。日本語では苦し紛れに、スと表記してますがかなり違う発音です。(スと言われれば、そう聞こえるかも知れないくらい)。

例えば、ロンドン(London)はウェールズ語ではLLundainと言い、この最初の発音になります。

ウェールズ語独特の発音を、目で見て分かりやすく説明している動画があるので、試してみましょう。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/t-akr125/20160504/20160504093827.jpg


youtu.be

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain
こちらも挑戦してみましょう。ウェールズ語で、表記すると世界で一番長い名前の駅の発音です。めちゃ難しいです。僕は断念しました。


www.youtube.com

 

 

👉参考記事
>>(ウェールズ語)ギネスブックに載らなかった世界一長い駅名、あなたは発音できますか? 

 

 

ウェールズ語勉強したい人のサイト 

 

f:id:t-akr125:20170909160925j:plain

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain
ウェールズ語を勉強できるサイトで、これは使えそうだと思うものを集めました。

・日本語で書かれたウェールズ語に関する総合的なサイト。
このサイトで、ウェールズ語はなにか?が良く分かります。
ウェールズ語


旅行に使えるウェールズ語

wikitravel.org

 

・オンラインで学ぶウェールズ語

無料でウェールズ語が学べるサイト。自分のレベルや一日に勉強したい時間を選ぶことが出来ます。質問に対して答えを入力するとてもシンプルな形式で分かりやすく、それぞれの表現も、発音してくれます。

残念な点は、日本語の対応がなく、英語での勉強になります。このサイトは、ウェールズ語だけでなく、様々な言語も学べますよ。

www.duolingo.com

 

・動画で学ぶウェールズ語

英語だけど、優しく分かりやすく教えてくれる動画サイト。
ウェールズ語は、聴きなれない発音がいくつかあります。

ですので発音記号を見るだけ、耳で聞くだけでは、とても難しいです。
でもこの動画では、目で見ることが出来ますし、口の中の動かし方も分かりやすく説明してくれ、それとなく発音できるようになります。

僕が一押しする動画です。


www.youtube.com

Will Huw – YouTube

 

・ウェールズ語をガッツリ勉強したい人のサイト

ビギナーを対象としたウェールズ語学習動画サイト。

www.youtube.com

 

本格的にBBCが提供しているサイトです

www.bbc.co.uk

 

 

ウェールズ語の教材本 

 

 

 

 

 

 👉おすすめ記事:

・ウェールズの歴史が面白いと言われている4つの理由!

・この単語はウェールズ語?英語に取り入れられた数々のウェールズ語 

>>ウェールズの英語 ウェルシュ・アクセント(Welsh accent)とは?

・ウェールズ訛りの面白おじさんのイギリス英語の発音 聞き取れますか?