イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、アーサー王、イギリスの歴史に関連する内容を中心に記事を書いています。

MENU

ロビンソン・クルーソーのあらすじ・実在のモデル人物とモデル島?

スポンサードリンク

f:id:t-akr125:20180722141837p:plain

 

こんにちは。たなかあきらです。

ロビンソン・クルーソー」は18世紀にイギリスの小説家ダニエル・デフォーが書いた小説です。3部作ある中の1作目で「ロビンソン・クルーソーの生涯と奇しくも驚くべき冒険」を指します。

今回は、この1作目のあらすじと、実在のモデル人物?とモデル島?についてご紹介いたします。

 

※第2部「ロビンソン・クルーソーのさらなる冒険」、第三部「真面目な省察

岩波文庫はこちら

ロビンソン・クルーソー〈上〉 (岩波文庫)

ロビンソン・クルーソー〈下〉 (岩波文庫 赤 208-2)

ロビンソン・クルーソーのあらすじ

 

 

本をめくると、直ぐこれらの言葉が目に入ります。

難破してひとり岸に打ち上げられ、アメリカ海岸、オルーノコの大河の河口近くの無人島に28年間孤独の生活を送ったヨークの船員

ロビンソン・クルーソーの生涯と驚嘆すべき珍しい冒険

および、そのすえに、彼が奇しくも海賊の手で救出されたいきさつに関する本人の手記

 

驚嘆すべき珍しい冒険と言うよりも、ロビンソンの創意工夫をこらして生き抜いた姿が描かれていると感じます。ロビンソンがまさに自分で書いたかのような、文章の表現になっています。

ロビンソン・クルーソーには1〜27節の目次があります。この目次をつなぎ合わせて、あらすじを書きました。

 

1.「海へのあこがれ」

を持ったロビンソンクルーソーは両親の反対を押し切り、航海に出た。しかし、

2.「サレの海賊」
 に会い、捕虜となる。海賊たちの隙隙を見て、ロビンソンは

3.「脱走」
 しました。そして、運よく

4.「ポルトガル船に救われる」
ロビンソンは船に乗り、ブラジルに移り定住する。その後大儲けをしようと欲にかられ、再び船に乗り込みアフリカに向かった。しかし、

5.「アフリカ行きー難破」
ロビンソンは九死に一生を得て、無人島に打ち上げられる。

 

これらかロビンソンは無人島での生活が続く。様々な生きる工夫をしている。

 

6.「船の物資を運ぶ」

7.「生活の設計」

8.「日記」

9.「神への祈り」

10.「あずま屋の完成」

11.「農耕の試み」

 

過去の人生を振り返り、全くの1人でも豊かに生きていく心と創意工夫の術を身に付ける。

 

12.「四年目の心境と生活」

13.「舟を作る」

14.「土器制作とヤギの飼育」

 

しかし、

15.「砂上の足跡」
を見つけ

16.「新たな恐怖」
に打ちひしがれる。身を守らねば、食われるかも知れぬ。骨が散らばる。

 

人の気配だ。人は恐怖だ。

17.「難破船」

 

さらに、砂上の足跡の主たちだ。恐怖だ。食われる金曜日(フライデー)と出会い、

18.「金曜日の救出」

劇が起こった。そして、

19.「フライデーとの生活」

がはじまった。

 

 

しかし、恐怖の砂上の足跡の主たち

20.「戦闘」

が起きる。

21.「フライデーの父」

を救い、とも生活をはじめる。

 

新たな船も現る。

22.「帆船上の反乱」

が起き、島を治める主、司令官として

23.「反撃」

した。そして、

24.「島を去る」
ことに成功したのである。

 

そして、

25.「リズボア行き」

26.「ピレネー越え」

をし、ついに、

27.「旅の終わり」

となるのである。28年にも及ぶ、航海記である。

 

ロビンソン・クルーソーは、この人生をどう感じたのだろうか? 
ロビンソンは実際に航海に出た。読者にとっては航海に出なくとも、社会や環境を海ととらえることも、できるだろう。どんな航海人生が描けるだろうか。

 

ロビンソン・クルーソーのモデル

ロビンソン・クルーソーの島

ロビンソン・クルーソーが暮らした島は、オリノコ川(南米ベネズエラ)の河口にある孤島と描かれている。架空の島だろうが、本には島の形が掲載されている。

島はざっくり、こんな形。南にロビンソンの城を構える。

f:id:t-akr125:20180722152954j:plain

 

オリノコ川の河口付近を衛星画像で見ると、緑が深い。かなり広いデルタ地帯が広がっている。デルタ地帯付近から離れた、ほんの小さな島が想定だ。

リモートセンシング remote sensing 衛星画像 オリノコ川

f:id:t-akr125:20180722142407p:plain

f:id:t-akr125:20180722142247j:plain

 

ロビンソン・クルーソー
 

実は、実際にロビンソン・クルーソー島と命名されている島があった。

しかし、ロビンソン・クルーソーの島とは場所が違う。南アメリカ大陸の反対側の西海岸で、チリの沖合に位置するファン・フェルナンデス諸島にある島だ。形も全然違っている。

(旧名マサティエラ島)

ファン・フェルナンデス諸島 - Wikipedia

f:id:t-akr125:20180722142317p:plain

 

ロビンソン・クルーソーが生活した島と、ロビンソン・クルーソー島の場所はこんなに違う。

f:id:t-akr125:20180722153317p:plain

 

ロビンソン・クルーソーのモデル人物?

f:id:t-akr125:20180722145826p:plain

なぜ、ストーリーとは異なるこの島に、ロビンソン・クルーソーの名前がついているのだろうか?

 

ロビンソン・クルーソーは架空の人物である。ヒントを得た実在の人物としては、アレグザンダー・セルカークという人物が、俗説としてあげられる。

 

1704年に、海賊船の航海長だったスコットランド人のセルカークは、ファン・フェルナンデス諸島のマサティエラ島に停泊した。

その際に、船長との争いが元でセルカークは船を降りたのだ。そして、1人で無人のマサティエラ島に取り残され、4年4か月間自給自足の生活をした。

そして、1709年に海賊船に助けられたと言う。このストーリーをもとに、デフォーがロビンソン・クルーソーを書いたのでは、という説がある。

 

このセルカークが過ごしたとされるマサティエラ島は、1966年にロビンソン・クルーソー島に改名されたのである。(観光目的か)

しかし、セルカークがロビンソンのモデルというのは、あくまで俗説であり何の確証もないと言われている。

 

ロビンソン・クルーソーが書かれセルカークが生きた当時は、旅行記、航海記のブームの時代であり、旅行文学は氾濫していた。1500~1700年の間に574もの旅行記が出版されていたのである。

筆者デフォーは、世界地理、探検、航海、通商などに関する膨大な本を所有しており、その情報からロビンソン・クルーソーを作り上げた、とする説が強いのである。

 

何れにしても、この二人は無人島か孤島で波乱万丈に生き抜いてイギリスに帰還した、島では様々な生きるための工夫をこらした、帰還しても航海という冒険はやめられなかった、という点は共通しており、ストーリーを読む側にとってみると奇なる体験にページをめくる手が進むのであろう。

 

 おススメ記事

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com
www.rekishiwales.com

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com