イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

イングランド王とハゲ野郎の企み 〜たたかうカムリ戦士第16話

f:id:t-akr125:20161216015519p:plain

こんばんは。ウェールズの歴史研究家たなかあきらです。
 
9世紀~11世紀にかけてウェールズ王家が分裂して戦いを繰り広げる様子を、様々な登場人物の人間模様の物語をシリーズで描いています。
 
前回の第15話は、ハウェルが歴史的なウェールズ法を完成させた場面でした。
今回はウェールズ法により、隣国に及ぼした波紋を呼ぶ話です。ハウェルに敵対視するハゲのイドワルの動きが気になるところです。
 
※前話

 (登場人物は実在ですが、ストーリーとキャラはたなかあきら作です)

 

これまでのあらすじ 

ここにまとめてあります~

www.rekishiwales.com

 

<登場人物> 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain

ウェールズ内の一国を治めるハウェル。
乱暴者も勉強し落ち着いてきた。

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
ハウェルの弟クラドグ。かなりお調子者。

  

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain

ウェールズの小国ダヴィッドの娘、エレン。ツンデレ系。

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
ウェールズの最権力者イドワル。冷静で冷淡、冷血。
ハウェルを敵対視するようになる。

 

f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
最強国イングランドのアゼルスタン王。

   

イングランド王とハゲ野郎の企み 

アゼルスタン王のもとに、ウェールズからイドワルが駆け込んでくる。
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
何だね、イドワルくん、また君かね。君を呼んだ覚えは無いよ。
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
アゼルスタン閣下〜〜
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
うっとうしい奴だ。ん〜でも、ちょうど良かった。イドワル君に聞きたい事があった。  

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
 アゼルスタン閣下!閣下からこの私に聞きたい事がおありとは、身に余る光栄。

 

f:id:t-akr125:20170212115631p:plain

それでイドワル君、どういう事だね。君に、ハウェル君が私の所に来るように、と伝えるように言っておいたはずだが。ハウェル君は何年経ってもまだ来ないぞ。
ちゃんと伝えたのか?

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain

いえ、それには事情がございまして。ハウェルは、私の命令を無視して国を放り投げ、海外に逃亡していた不届きな野郎です。
先日、ふらりと戻ってきて、誰の許可もなく勝手に法など作りやがったのです。ですので、アゼルスタン閣下の御言葉を伝えることが出来ませんでした。

 

f:id:t-akr125:20170212115631p:plain

うむ。

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain

以前、多くの略奪をするなど乱暴者の前科があるハウェルです。ウェールズで動けなくなったので、きっと海外で悪さを企んでいたのでしょう。けしからん奴です。

 

f:id:t-akr125:20170212115631p:plain

なるほど

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain

私もウェールズ統治者として監視の目が届かなく申し訳御座いません。国に戻り、ハウェルを呼び出し処罰をいたします。

 

f:id:t-akr125:20170212115631p:plain

そうか。いい訳はともあれ、要は伝えてませんだな。ハウェル君も、君の事を嫌になったんじゃないかな?はっはっはー

 

f:id:t-akr125:20170212115631p:plain

うんうん、分かった分かった。もう、いいよ。

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain

はっ?どう言う事でしょうか?

 

f:id:t-akr125:20170212115631p:plain

イドワル君、君にもう用は済んだ、帰っていいよ。せめて、毛の様子を気にしてはどうかな、ハゲ野郎さん。

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain

はっはぁ? 

 

いっいかん、アゼルスタン閣下のご機嫌が悪くなってしまった。それにしてもハウェルの野郎め、気に食わぬわ。アゼルスタン閣下は何をなさる気だろうか?

 

 

 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
おいっ、ハウェルの奴をしっかりと監視しろ。それにアゼルスタン閣下の動きも、変わった事が起きないか注意していろ!
 
f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
はっ、イドワル・ハゲ様。
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
何っ!もう一度言ってみろ!
 
f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
イドワル、ハ、ヒ、フ、陛下
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
どいつもこいつも腹がたつ。
とっとと、任務につけ!
 
f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
はっ、分かりやした
 

イングランド軍、突如現る

 f:id:t-akr125:20170315010820p:plain
ウェールズ西部、デハイバース国
 
 f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
ハウェルの作ったウェールズ法、ダヴィッド国でも好評よ。
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
そうっす、そうすっすよ。
イストラッド国でも、さすが兄貴って皆、集まってきてるんすよ。
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
このケレディギオン国を含めた、デハイバースの三国が、ウェールズ法をで纏まり、一体となってきた様だな。
 
 f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
やっぱり、さすがハウェル兄貴!
デハイバースにとどまらず、ウェールズ全域にウェールズ法を広めましょう。ね、兄貴。
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
そうだ、クラドグの言う通りだ。
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
たまにはいい事言うわね、クラちゃん。
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
えへへへ〜
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
山あり谷あり大変な事がこれから突然、起こるかもしれぬ。しかし、3人力を合わせて、ウェールズ法をもとに、頑張っていこう。
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
ええ、頑張りましょう!
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
いょっ、兄貴ウェールズ一!(いち)
 
--------------------
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
てえへんだ、てえへんだ、イングランド軍がたくさんがやって来た!
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
えっ、イングランド軍が?
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
攻めに来たのか、それとも、、、
 
イングランド王アゼルスタン閣下の使者でございます。
 

最後に

f:id:t-akr125:20161207232706p:plain

このストーリーでは徐々にハゲ野郎イドワルの立場が悪くなってます。

イドワルが変な事を考え無ければ良いのですが・・・

また次回をお楽しみに。

 

イドワルに最適

おお髪よ!?奇跡の育毛ゲーム?

おお髪よ!?奇跡の育毛ゲーム?

 

 

ハウェルに関する本。

 

※これまでの記事一覧です

www.rekishiwales.com

 

 ※おススメ記事です

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com