イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

かかあ天下? ~たたかうカムリ戦士15話~

f:id:t-akr125:20161216015519p:plain

こんばんは。ウェールズの歴史研究家たなかあきらです。9世紀~11世紀にかけてウェールズ王家が分裂して戦いを繰り広げる様子を、様々な登場人物の人間模様の物語をシリーズで描いています。
 
前回の第14話は、ダヴィッド国王であるエレンの父が倒れ、その後をハウェルが継いだ話でした。
 
今回は、作成していたウェールズ法の完成です。
 
※前話

 (登場人物は実在ですが、ストーリーとキャラはたなかあきら作です)

 

これまでのあらすじ 

ここにまとめてあります~

www.rekishiwales.com

 

<登場人物> 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain

ウェールズ内の一国を治めるハウェル。
乱暴者も勉強し落ち着いてきた。

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
ハウェルの弟クラドグ。かなりお調子者。

  

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain

ウェールズの小国ダヴィッドの娘、エレン。ツンデレ系。

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
ウェールズの最権力者イドワル。冷静で冷淡、冷血。
ハウェルを敵対視するようになる。

 

f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
最強国イングランドのアゼルスタン王。

   

ウェールズ法の完成 

f:id:t-akr125:20170315010820p:plain
900年、ハウェルは自国デハイバースのウィットランドで議会を開いた。
そこで、ウェールズ初となるウェールズ法(ハウェル・ザ・グッド法)を制定した。
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
デハイバースのため、ウェールズのために、これまでにない新たな法を作った。今から皆に公表する。
 

f:id:t-akr125:20170320125847j:plain

 
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
ひとつ、資産は全ての息子達に均等に分けること。争うべからず。
ひとつ、死罪は廃止すること。しかし、罪を犯した親族は7世代に渡って被害者に償うこと。罪を犯した者は永遠に犯罪者として語り継がれる不名誉を追う。

f:id:t-akr125:20170320133415j:plain

 
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
ハウェルの兄貴!すごいっすね。
これはいけまっせ〜
 
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
ひとつ、臭い口臭、重病、セックスレスの夫とは離婚できる。
ひとつ、7年以上結婚生活を続けていれば、夫の財産の半分を得る権利がある。

f:id:t-akr125:20170320125634j:plain

 

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
うぐぐぐっ、、、
キツイっすよ兄貴、、
これは、アネさんの入れ知恵かい?

 

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
あら、クラちゃん、心当たりあるの??
ふうーん
夫なったら、なおさら常に精進することね。

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
ひぇっ~、こわいっす。財産取られてバイバイっすよ〜

俺も結婚したら、ウェールズに住みにくくなるっすよ〜
兄貴もそうじゃ、ないっすかぁ? 
おぉ、こわっ・・・エレンのアネさん、ますます強くなるなあ~

 

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
クラちゃん、何か言った??

 

f:id:t-akr125:20170320125151j:plain

 

新たな動きが始まるウェールズ

 

ウェールズの片田舎で制定した法の噂は、口々に伝わった。
デハイバース国内はもとより、ウェールズ中に広がっていった。
更には、国を超えイングランドのアゼルスタン王の耳にも届いた。


f:id:t-akr125:20170212114855j:plain

  

f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
何!ハウェルがウェールズ法?
はっはっは〜
あの男、ウェールズの統治者であるイドワルより、ずっと見所があるな。
面白い、是が非でも会って話がしたいものだ。 

 

 

f:id:t-akr125:20161231165058j:plain 

しかし、それらを全く喜ばしく思わない人物がいた。
自称ウェールズ全体の統治者、グウィネズ王のイドワルであった。

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
なにっ、ハウェルが戻って来ただと?
それにダヴィッド国を勝手に統合し領土を広げた?
さらに、法律まで作っただと??
ワシを無視してか!!

 

f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
はっ、そのようで。


f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
ウェールズの統治者は誰だと思っているのだ?
けしからん!
偉大なイングランド王アゼルスタン閣下に会いに行き、懲らしめてもらうよう言いつけてやる!

 

f:id:t-akr125:20170314230637p:plain 
またまた、行かれるのですか?

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
そうだ、すぐにアゼルスタン閣下のもとへ出発だ!
 
f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
へい
(アゼルスタン閣下もうっとうしいだろうなあ~)
 

最後に

f:id:t-akr125:20161207232706p:plain

10世紀中ごろにㇵウェルによって作られたウェールズ法は素晴らしいものでした。
ㇵウェルがローマで学んだ様々な法律の良いところとウェールズの風習を組あわせた最新の内容でした。
このウェールズ法は16世紀中旬にヘンリー8世によって書き換えられるまでウェールズで使用されていたそうです。

詳細は以前のこの記事をご覧ください、と言いたい所ですが、
トーリーのネタバレになるので当分は伏せておきます。
こんかいは、こちらでご勘弁を。(ㇵウェルの関する本)

 

※これまでの記事一覧です

www.rekishiwales.com

 

 ※おススメ記事です

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com