イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

封印された魅力 ~新たたかうカムリ戦士 第10話~

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain

こんばんは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。
ウェールズの創作歴史ストーリー、「新たたかうカムリ戦士」。

前回の第9話では、デハイバース国のエイニオンは隣国に攻め入りますが、隣国の王モーガンの策略にハマり、エイニオンは敗れてしまいました。

エイニオンは奪われた領土を取り戻そうと、企みを始めます。エイニオンの弟最弱戦士のマレドもその企みに巻き込まれ・・・というわけで第10話をお楽しみください。

※前回の第9話

www.rekishiwales.com

 

 

封印された魅力

f:id:t-akr125:20170610163047j:plain
ウェールズ西部、デハイバース国の居城

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
親父、やられてしまった。モーガンの奴に図られてしまったよ。イングランドと手を組んでいて、ゴーワーを取られてしまった。悔しい!

 

f:id:t-akr125:20170610163403p:plain
イングランドをバックにつけるとは、モーガン王もやりおったな。それで、エイニオン。お前はどうするんだ?

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
どうするんだって、決まってますよ。せっかく長年苦労して手に入れたゴーワー。簡単に手放したくはないですよ。取られたら取り返す、それがルールでしよ。

 

f:id:t-akr125:20170610163403p:plain
しかし、エイニオン。イングランドがバックにいるとは厄介だぞ。兵力で勝てないんじゃないかな。

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
親父、グウィネズ国との同盟を利用するんですよ。イアゴ殿に協力を要請すれば、手を貸してくれるんじゃないか、と思うんですよ。

 

f:id:t-akr125:20170610163403p:plain
なるほど、その手があったか。よし、そうしよう。

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
ところで、マレド。お前、戦いになっても逃げてばかりで、史上最弱戦士の役立たずだから、こんな時くらい役に立たってくれよ。

 

f:id:t-akr125:20170610163403p:plain
そうだな。マレド、お前イアゴ殿の所に行って、協力要請をして来てくれ。

 

f:id:t-akr125:20170624114345p:plain
え、え、えっ、ぼ、ぼくがですか?

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
必ず話を纏めて来いよ。我らデハイバース国の将来がかかっているんだ。頼んだぞ。

 

f:id:t-akr125:20170624114345p:plain
え、えっ、ちょっと待って〜嗚呼〜

 

 

 

 

f:id:t-akr125:20170624114345p:plain
ど、どうしよう。また戦いなんてなんて、まっぴらだよ。それに、嫌な予感がするんだよなあ。何とか阻止できないかなあ。

 

f:id:t-akr125:20170610163133j:plain

ウェールズ北部のグウィネズ国。

 

f:id:t-akr125:20170610163838p:plain
おぉ、君は確かオウァイン殿の所にいた、え〜っと、、、

 

f:id:t-akr125:20170624114345p:plain
オウァインの息子、マレドと言います。

 

f:id:t-akr125:20170610163838p:plain
ああ、そう、そう、思い出した。すまん、影が薄くてあまり覚えていなかった。確か、ハープの演奏が上手かったな。

 

f:id:t-akr125:20170624114345p:plain
今回は、父オウァインからのお願いがあって、参ったのですが、、、

 

f:id:t-akr125:20170610163838p:plain
ほう、オウァイン殿からのお願い事とは珍しい。同盟を結んだ仲だ。何なりと言ってください、ご協力できる事はさせて頂きましょう。

 

f:id:t-akr125:20170624114345p:plain
ありがとうございます。実は、父オウァインと兄エイニオンは挙兵を考えてまして、、、

 

f:id:t-akr125:20170610163838p:plain
なるほど、なるほど、そう言う事情なんですね。理解しました。

 

バタバタ!ドドドドっ!

 

f:id:t-akr125:20170610163838p:plain
何だ、イエウヴ、騒々しい。

 

f:id:t-akr125:20170610163713p:plain
やりましょうよぉ、兄貴ぃ! 戦い、侵略、略奪!オウァイン殿も助かるしぃ、略奪すれば、儲かるしぃ、やりましょうよ、やりましょうよ!!!!!!!

 

f:id:t-akr125:20170610163838p:plain
うむうむ。ただ、戦争するのは、どうだろうか?しかし、オウァイン殿の要請はお断りできぬなあ。うむうむ、マレド殿、しばらく考えさせてはくれぬか。

 

f:id:t-akr125:20170624114345p:plain
ええ、分かりました。わたくしも、戦争するのはどうかと思っているんです。何か、良い方法がないか、私も考えたいです。

 

f:id:t-akr125:20170610163838p:plain
分かりました、マレド殿。2、3日、お待ち下さい。

 

f:id:t-akr125:20170610163713p:plain
キィィィ〜。何が戦争を避けたいだ。あやつは悪病神だ。奴が現れ、ハープを聴いてから、セッカチだったアニキが、大人しくなっちゃった。変わりに、オレがイライラするようになっちゃった。

何としても戦争して、略奪して戦利品を得ないと、オレはやってられないんだよぅ。マレドの奴さえ居なければ、マレドの奴さえ居なければ。この際、実力行使だ。

ーーーーーーーーー

 

f:id:t-akr125:20170624114345p:plain
どうやったら、戦争を食い止める事が出来るだろうか。やはり、このハープを弾いて国を巡り歩いて、皆の心を鎮めるのが良いのだろうか。

あっ、誰?

 

ドサッ、バキバキっ

 

f:id:t-akr125:20170624114345p:plain
あっ、何をする、僕の大事なハープがバラバラに、、、

 

f:id:t-akr125:20170624114345p:plain
きゃー、やめて下さい、やめて下さい。人さらい、やめて〜

 

ふふふ   

 

ーーーーーーーーー

 

f:id:t-akr125:20170610163713p:plain
兄貴ぃ、オウァイン殿に協力して戦争しましょうよ。それが、ウィンウィンじゃあないですかぁ。もし、兄貴の気がすすまないのなら、オレが行きますよぅ。  

 

f:id:t-akr125:20170610163838p:plain
そうだなあ。今の状況を考えると、オウァイン殿に課税するのが得策だろう。よし、イエウヴ、お前が軍を率いて、オウァイン殿に

 

f:id:t-akr125:20170610163713p:plain
おお、兄きぃ! 行きますとも、行きますとも、やったぁ。略奪だぁ、略奪だぁ。取ったものは、オレがもらっていいんすよねぇ、兄きぃ。

 

f:id:t-akr125:20170610163838p:plain
もちろんだ。お前の好きにしてよいぞ。オウァイン殿にもそう言っておこう。ところで、使者に来たオウァイン殿の息子、マレド殿はどこに行った? あれから姿を見せぬが。オレ達が協力することを伝えようと思うのだが。

 

f:id:t-akr125:20170610163713p:plain
そう言えば、急用ができたので国に帰るって言ってましたよぅ。兄きに伝えておいてってね。(ヒヒヒヒっ)

 

f:id:t-akr125:20170610163838p:plain
そうか、それならば、オウァイン殿に使者を送っておこう。イエウヴが援軍を率いて合流しますと。

 

f:id:t-akr125:20170610163713p:plain
今からすぐに出発だぁ。うひょひょひょ、腕が久しぶりになるんだなぁ。戦いだぁ、略奪だぁ、お宝だぁ、うひょひょひょ。

 

 f:id:t-akr125:20170610163047j:plain
ウェールズ西部、デハイバース国の居城

 

f:id:t-akr125:20170610163838p:plain
ところで、マレドから何か連絡はあったか? 援軍の話はうまく進んでいるだろうか?

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
いや、ありませんけど。どうせ、怖くなってどこかに逃げ出してるんじゃないですか?第一、マレドを使者に行かせるのも、どうかと思うんですよ。

 

<オウァイン様、オウァイン様。イアゴ様からの使者として参りました>

 

f:id:t-akr125:20170610163838p:plain
アゴ殿の使者?

 

<はい、オウァイン様の援軍として、イエウヴ様が軍を引き連れ、こちらに向かいます>

 

f:id:t-akr125:20170610163838p:plain
おお、そうか、ありがたい! よかった交渉は成立したようだな。マレドの奴もなかなかやるもんだな。

 

f:id:t-akr125:20170610163535p:plain
こりゃおどろいた。最弱戦士のマレドの腑抜けが、話を纏めてくるとは。しかし、マレドはどこに行ったのだろう?

 

ーーーーーーーーー 

 

f:id:t-akr125:20170624114345p:plain
うううう、暗いよ、怖いよう、寂しいよ~うううううっ。パープは壊されちゃうし、こんな牢屋に放り込まれちゃうし、僕は何をやったって言うんだよ。

誰のしわざだよ~ うううう、暗いよ、怖いよう、寂しいよ~うううううっ
 

ーーーーーーーーー

 

f:id:t-akr125:20170610163713p:plain
よし、これからは、また素晴らしい戦争の世界が始まるんだなぁ
略奪がたくさんできるなぁ、うれしいなぁ♡

マレドの奴は、絶対に出してはならないんだんぁ。あいつにハープを弾かせたら、またみな気が変わって争いをやめちゃうんだぁ。ふふふ、帰ったらぁ、始末してやろうっと。

次回に続く

 

次回に続く 

www.rekishiwales.com
※前作たたかうカムリ戦士ストーリー一覧 

www.rekishiwales.com

  

※おススメ記事です

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com