イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、アーサー王、イギリスの歴史に関連する内容を中心に記事を書いています。

MENU

アーサー・ペンドラゴンはアーサー王の本名か?

スポンサードリンク

f:id:t-akr125:20180812132724p:plain

f:id:t-akr125:20180724001733p:plain
こんにちは、たなかあきらです。

アーサー王の名前は、アーサーでよいのでしょうか?名字はないのでしょうか? 

アルトリウス、アルトゥース、ペンドラゴン、ウーサー・・・

アーサー王に関する色んな名前が出てきます。いったい、アーサー王の本名は何なのか?

今回は、アーサー・ペンドラゴンを例に挙げて、アーサー王の名前に迫ってみます。

アーサー・ペンドラゴンの名は?

f:id:t-akr125:20180724002224p:plain
アーサー・ペンドラゴンはアーサー王の本名でしょうか?

まず、初めにこの話題から取り上げてみます。

 

ペンドラゴンという名前は、アーサー王の父と言われている、ウーサー・ペンドラゴンから来ている名前です。

ペンドラゴンが、仮に名字であるとしますと、アーサー・ペンドラゴンは、現在の欧米人の名前の通り、ファーストネーム(名前)+セカンドネーム(名字)と考えてもおかしくはないと思います。

 

しかし、ペンドラゴンという呼び名は名字ではなく、ウーサーの「あだ名」であると考えられます。

ペンドラゴンの意味は、ペン(ウェールズ語で頭)+ドラゴン(竜)の意味で、頭にドラゴンの鎧をかぶっている、または頭上にドラゴンの旗を掲げて戦場に出ている、と考えられます。

中世のブリトン人(ブリタニアの人々)は、名字を持たず、自分の名前の後にあだ名(動物や体の特長を意味する)を付けることが通常でした。

参考記事:そんな面白いあだ名をウェールズ王につけるの?

 

※ウーサー・ペンドラゴン
f:id:t-akr125:20180811225342p:plain

つまり、アーサーもペンドラゴンと呼ばれていたのなら、ドラゴンを頭につけたり旗を頭上に掲げていたのでしょうか?

 

アーサーの本名はこう書く

f:id:t-akr125:20180724002224p:plain
中世のブリトン人は名字を持たない代わりに、あだ名をつけるだけでなく、正式には、親の名前を自分の名前の前に付けていました。

例えば、ウェールズ王室の開祖と呼ばれているキネダ(Cunedda)は、父の名前がエダン(Edern)であり、

キネダ・アプ・エダン(Cunedda ap Edern、エダンの息子キネダ)

と呼んでいました。これが、一般的なブリトン人の正式な名前になります。

 

これを考慮するとアーサー王の本名は(アーサーが本当の名前だとすると)

アーサー・アプ・ウーサー(Arthur ap Uther)となります。

 

参考:

www.rekishiwales.com

 

アーサーは本当に名前か?  

f:id:t-akr125:20180724002224p:plain
アーサー王(Arthur)の名前は、アルトリウス(Artorius)やアルトゥース(Arturus)が由来となっているという説があります。

いずれもラテン語でローマ的な名前ですが、この当時のブリタニアは、まだローマ帝国の影響力が残っており、名前もローマ的であっても何ら不思議はないと考えられます。

しかし、アルトリウスもアルトゥースという人物は実際にいなかったという説があります。

ブリトン語にはArtorī(gi)osという言葉があり、これは熊の王を意味し、ウェールズ語のArth「熊」+(g)wr「男」という意味です。

また、牛飼い座の恒星にアークトゥルス(Arcturus)があり、アークトゥルス古代ギリシア語に由来する言葉で「熊の守護者」を意味しています。

つまり、アーサー(アルトリウス、アルトゥース)も、熊を意味する「あだ名」ではないか、と推測できます。

では、アーサーがあだ名なら、いったい本当の名前は何なのでしょうか?

色んな憶測ができます。

 

アーサーがあだ名だったら本名は?

f:id:t-akr125:20180724002224p:plain
アーサー王には数多くのモデル人物がいます。
例えば
・ルキウス・アルトリウス・カストゥス
・マグヌス・マキシムス
コンスタンティンⅢ世
・アンブロシウス・アウレリアヌス
・リオタムス
・オウァイン・ダントグウィン

などが挙げられます。

詳しくは:アーサー王の実在のモデル人物を集めて アーサー王物語を構築してみた

 

この中で、「アーサー」という名前に最も関連がある人物がいます。
5世紀に現在のウェールズで活躍したオウァイン・ダントグウィンです。ダントグウィン(Ddantgwyn)はあだ名で、白い歯(刃))という意味です。なんとなく、アーサー王の剣、エクスカリバーを彷彿させます。

※他の人物は、すべてローマ的な名前でローマ帝国との関連があります。

 

f:id:t-akr125:20180724002224p:plain
オウァインの父は、エイニオン・アプ・キネダと言い、北ウェールズの王でした。エイニオンに、Yrth(せっかち)というあだ名がついており、エイニオン・イースと呼ばれていました。このYrthに男(g)wrをつけてみると、イーサー(Yrthwr、Yrthur)となり、アーサー王の父ウーサー(Uther)に似ていると思いませんか?

また、オウァインには、白い歯(刃)以外に、Bear(熊)というあだ名もあった、という説もあり、ますますアーサーを彷彿させます。


(※オウァインの息子、シンラス(Cynlas)はブリタニアの暴君と呼ばれ、シンラスのあだ名が熊である、という説もあります)

 

f:id:t-akr125:20180724002224p:plain
纏めますと、アーサーは「熊」を意味するあだ名で、オウァインのあだ名がアーサーであったのではないか、という説です。(たなかあきらの)

そうすると、アーサー・アプ・ウーサーはあだ名を記したもので、

本名は、「オウァイン・アプ・エイニオン」であったのではないか、と言うことになります。

 

※オウァイン・ダントグウィンは、兄を後継して北ウェールズの王になるはずでしたが、甥のマエルグウィン(Maelgwn)との戦いに敗れて戦死した、という説があります。

マエルグウィンは、アーサー王物語に登場するモルドレッドのモデルとも言われ、マエルグウィンとオウァインは北ウェールズにあるカムランの谷で戦い、アーサー王とモルドレッドが最後に戦ったのもカムランの戦いであり、共通点が見られます。

  

※参考となる記事

・オウァイン・ダントグウィンに関する記事(ストーリー調)

www.rekishiwales.com

・マエルグウィンの記事

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com