イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、アーサー王、イギリスの歴史に関連する内容を中心に記事を書いています。

時代背景も分かるアーサー王の歴史年表(シンプル版)

スポンサードリンク

f:id:t-akr125:20191022211915p:plain


アーサー王物語は、歴史偽書「ブリタニア列王史」の内容が大きな要素となっており、また「ブリタニア列王史」も様々な歴史書の記述が元となっています。

アーサー王物語には、これらの歴史書の内容や歴史上の史実も含まれ、とても複雑で興味深いストーリーになっています。

 

今回は、アーサー王の歴史年表を時代背景や史実を取り入れて、シンプルに纏めました。

 

※アーサー王物語で有名な「アーサー王の死」、「ブリタニア列王史」や他の歴史書の内容、史実を合わせると、時代に矛盾点が出てきます。筆者の推測により、時代のつじつまが合うようにして、作成しました。

不足分の追記や修正を随時行っていきます。

 

👉アーサー王について

分かりやすいアーサー王物語と伝説のあらすじ 


 

アーサー王の歴史年表

 

※文字部をクリックすると参考となる詳細記事につながります

 

()は筆者推測 ●印は史実または史実と考えられる内容

 

●410年 :ブリテン島からローマ帝国撤退(ホノリウス帝の令)

●450年頃:ブリテン島にジュート族(アングロ・サクソン族)が侵略を始める
     (ヘンギストとホルサ兄弟)

 

・(460年~70年頃):アーサー誕生。
コーンウォールのティンタジェル城でウーサー王とイグレーヌの間に産まれる。

産まれて直ぐ、マーリンによって里子に出され、エクトル卿に育てられる

 

●477年:サクソン族のエラ王がブリテン島に到着しサセックス王国を建国

・480年頃:ウーサー王が亡くなる。アーサーは岩に刺さった剣を抜いて王となる

 

●486年:フランク王国のクロヴィス王(クラウダス王)は、北部のゴール(ガリア、現在のフランス、ベルギー、北イタリア)を占領

 

・(491年頃):ランスロットの父バン王はクラウダス王に敗れ、ランスロットは湖の乙女のもとに行く

 

(480年代):アーサー王がブリタニアを平定
       グィネヴィアと結婚

        

●496年※: アーサー王は「ベイドン山の戦い」でサクソンのアエラ王に勝利。サクソン族を東方に追いやり勢力を奪う

 

・(500年頃):アーサー王、各国を征服
        アイルランド、アイスランドを征服
       ノルウェー、ダキアを征服、ガリアを征服 
                     ローマ皇帝ルーシャスとセスワン谷で戦い勝利する

 

・(510年頃):ランスロットとグィネヴィアの不倫の疑いが発覚。アーサー王とランスロットの戦い(フランス)

 

・511年※:モルドレッドがブリテン島で反乱。カムランの戦い(アーサー王vsモルドレッド)でモルドレッドは戦死。
アーサー王は瀕死でアヴァロンへ流される

  

ベイドン山の戦いは516518年の説もある(11世紀のカンブリア年代記)
※カムランの戦いは537年頃との説もある

 

 参考の記事

 今回の年表について、参考となる記事をご紹介します。


・ローマ帝国の支配について

ブリタニアの歴史 ローマ支配から消滅までの分かりやすい概要

・アングロサクソンの侵略について

イングランドの歴史 アングロ・サクソン七王国の概要 

・ベイドン山の戦いについて

アーサー王が活躍した「ベイドン山の戦い」の場所 実在の候補地を集めました

・カムランの戦いについて

アーサー王の最期の戦い 「カムランの戦い」の実在の場所は?

 

 

アーサー王の死 (ちくま文庫―中世文学集)

アーサー王の死 (ちくま文庫―中世文学集)

  • 作者: トマス・マロリー,William Caxton,ウィリアム・キャクストン,厨川圭子,厨川文夫
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1986/09/01
  • メディア: 文庫
  • 購入: 2人 クリック: 12回
  • この商品を含むブログ (24件) を見る
 
アーサー王物語〈1〉

アーサー王物語〈1〉

  • 作者: トマスマロリー,オーブリービアズリー,Thomas Malory,Aubrey Beardsley,井村君江
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2004/11/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 19回
  • この商品を含むブログ (23件) を見る
 
ブリタニア列王史―アーサー王ロマンス原拠の書

ブリタニア列王史―アーサー王ロマンス原拠の書

 

 

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com