イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、ウェールズとの関わりが深いアーサー王などを中心に記事を書いています。

MENU

思いがけない再会 ~ 威勒士 第4話~

スポンサードリンク

f:id:t-akr125:20180401154733p:plain

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain
こんにちは。たなかあきらです。
中世ウェールズの歴史をもとに、ストーリーを書きました。 
このストーリーをもとに漫画にできたらなあ、と思います。

今回は第四話です。

※時代背景

大王が内乱を抑えてウェールズの天下を統一した時代 

www.rekishiwales.com

 

再び

f:id:t-akr125:20180401153544p:plain

利害関係が変われば行動は異なってくる。今日の友は明日の敵。ヴァイキングは、あたかも同盟がなかったかのように国境を越えて、アナラウドの領土であるウェールズ北部のグウィネズに攻撃を加えてきた。

 

f:id:t-akr125:20180303130809p:plain
うぬぬぬ、略奪を始めてきやがった! ヴァイキングの奴め! 俺を裏切りやがったな!! 今に見ていろ、俺の恐ろしさを思い知らせてやる。きっと後悔するぞ!

 

アナラウドは赤い顔をさらに赤くして激怒した。次第にヴァイキングへの怒りは、嫉妬への怒りに変貌し、アナラウドの胸は、ムカムカと煮えはじめた。深いため息を、一気に吐き出した。

 

f:id:t-akr125:20180303130326p:plain
くそっ、これではカデルの言った通りではないか・・・ヴァイキングとの同盟がダメとなると、他の同盟先を探さねばならぬ。気に入らぬ、カデルの奴も今に見ておれ!

 

渡航

西暦893年ごろ、アナラウドは苛立ちを隠せないまま、ウェセックス国へ向かった。ウェセックス国はヴァイキングの野望を打ち砕き、近年大きく勢力を伸ばしてきた国である。

ウェセックスウェールズとは国境で接していないものの、マーシアをはじめとするアングロ・サクソンの国々を傘下に従え、頂点に立とうとしていた。

アナラウドは気が進まないものの意を決し、グレートブリテン島の西部にある北ウェールズから船に乗り込み、大西洋を島に沿って南下し、ウェセックスがある南部へ上陸した。

 

f:id:t-akr125:20180401153640j:plain


  

f:id:t-akr125:20180325204210p:plain
おやおや、これがウェセックスか。どんな進んだ国かと思いきや、なんと田舎じゃないか。我がウェールズや宿敵マーシアの方が栄えている所があるぞ。

 

 

f:id:t-akr125:20180325204241p:plain
ほう、これがウェセックスの首都ウィンチェスターか。まあ、少しはましな場所だな。あすこが、アルフレッドの宮殿か。アルフレッド王とやらは、どんな田舎坊主なんだろう。いっちょからかってアナラウド様の威厳を示しておこう。

 

 

f:id:t-akr125:20180401154010j:plain

 

宮殿の門でアナラウドの部下が、アルフレッド王との面会を伝えしばらく待っていた。宮殿の中に通される事になり、守衛兵がアナラウド達を引率した。アナラウドは威厳を保とうと胸を張り、大またでドスドスと庭園を通った。

庭園の途中に守衛兵が待っていた。アナラウドは守衛兵にどちらに行けばよいか尋ねた。

 

Knight, Armor, Harnisch, Metal, Helm, Middle Ages
<あちらに見えるお方が、我がウェセックス国の君主、アルフレッド王です>

 

f:id:t-akr125:20180325204241p:plain
ほお、あれがアルフレッド王か。

 

建物の前に人の姿があり、背が高く痩せた若い男が、待っていた。アナラウドは、胸を張ったままアルフレッド王に近づいていった。

 

 

f:id:t-akr125:20180325204210p:plain
偉大なロドリ大王の後継者、アナラウドがウェールズより参りました。アルフレッド王、お会いできて光栄です。

 

f:id:t-akr125:20180325204734p:plain
これはこれは、ブリタニア3王として名高いアナラウド殿。よくぞウェセックスにお越しくださった。

 

ルフレッド王はアナラウドを温かく迎え、きつく握手に応えた。アルフレッド王は背は高く、ややひ弱な優男に見えるものの、鋭い眼光はたしかに見える。静かであるが、数々の困難を切り抜け権力をつかんできたオーラのようなものを感じた。

 

アナラウドにはアルフレッド王は、何を考えているか分からず、やられないよう注意が必要な人物に思った。まるで、弟カデルに似ている感じがして気に入らなかった。

 

 

f:id:t-akr125:20180303125449p:plain
ご存知の通り、我が国ウェールズヴァイキングの攻撃にあい、手を焼いております。ウェセックス国もヴァイキングから受ける損害は、ウェールズ以上と聞きます。
ヴァイキングに対して利害をともにする、ウェールズウェセックスが手を組んで、ヴァイキングとたたかう事が、お互いにとって得策と思われる。是非とも、ウェールズウェセックスの同盟にご協力いただけませぬか。

 

ルフレッドはアナラウドをじっと見たまま、静かに聞いていた。口をすぼめていた口を開こうとしたが、もう一度口を閉じた。右上を見ながら、ゆっくりとうなずいた。

 

f:id:t-akr125:20180325204734p:plain
なるほど。アナラウド殿の仰ることは、理にかなっていると思います。喜んでアナラウド殿に協力しましょう。

  

おお、コレはありがたい、とアナラウドはアルフレッドに近づき、握手を求めようとした。しかし、アルフレッドはそれを遮るかのように、キッパリと言い放ったのであった。

 

運命の再会

f:id:t-akr125:20180401153840j:plain


 

f:id:t-akr125:20180325204734p:plain
ただし、条件があります。条件を飲んでもらわなければ、協力はお断りいたします。

 

f:id:t-akr125:20180325204210p:plain
条件とは何でしょうか。何なりと言ってください

 

f:id:t-akr125:20180325204734p:plain
アナラウド殿。あなたは、先にヴァイキングと同盟を結んでいたそうじゃないですか。しかし、ヴァイキングに攻撃を受けてしまった。そこで、今度は我々に乗り換えようと、お考えなんですね

 

f:id:t-akr125:20180303130326p:plain
むむむ、そっ、それは、

 

f:id:t-akr125:20180325204734p:plain
まあ、お答えするのも苦しいでしょう。昨今、同盟とは簡単に破棄されてしまう傾向にあります。ですので、歯止めが必要です。 今や、このブリテン島において、アルフレッドに逆らう者は、ごく少数です。

ヴァイキングを除く他国と同じように、ウェールズもこのアルフレッドに忠誠を誓い傘下に入ることが、協力の条件です。

 

アナラウドの顔から、みるみる血の気が引き、張っていた胸も、しぼんでしまった。

 

 

f:id:t-akr125:20180303130809p:plain
うぬぬぬ、何と生意気な小僧だ。くそっ、やられた。しかし、後には引けぬ。ここで、じっくり考えて何になろうか。決断力のない、無能な人物とアルフレッドに見られては困る。

いわんや、カデルやメルヴァンに言う必要はない。ウェールズの統治者はオレだ。誰がなんと言おうと、俺の決断で行く。

 

 

f:id:t-akr125:20180401153807j:plain

 

f:id:t-akr125:20180314234349p:plain
わかりました、アルフレッド殿。喜んで忠誠を誓いましょう。

 

f:id:t-akr125:20180325204734p:plain
アナラウド殿、これは早速の決断、素晴らしいです。これから仲良くやっていきましょう。

 

アナラウドが書類にサインをし、ようやく、アナラウドはアルフレッド大王と固く握手をした。

 

f:id:t-akr125:20180314230933p:plain
よし、これで同盟は成立だ。ヴァイキングを退けることができ、ウェールズも安泰となる。アルフレッドを利用すれば俺の権力も広がるに違いない

 

 

f:id:t-akr125:20180325204734p:plain
では、ウェセックスの傘下にウェールズが入ったところで、話を進めましょう。ヴァイキングごときにウェセックスが出るまでもありません。

この件はウェセックス直接ではなく傘下のマーシアと組んでいただきましょう。マーシアウェセックスにとって、第1の忠臣。新参のウェールズマーシアに従って下さい。それが、ウェセックスに対する忠誠となります。

 


f:id:t-akr125:20180303130326p:plain
マーシアですと?

 

アナラウドはギョッとした。マーシアと言われて、出てきた男にひどく驚いたのである。

 

 

ほおお、アナラウド殿。奇遇な所で出会ったわね

 

プーンと香水と化粧の匂いが辺りを漂う。キラリと耳につけているピアスが輝きを放った

 

f:id:t-akr125:20180314230100p:plain
エ、エセルレッド! 貴様、生きていたのか!コンウィー川の戦いで、死んだんじゃなかったのか?

 

f:id:t-akr125:20180303131417p:plain
その節は、随分とお世話になったわね。仇討ちができてなくて、アナラウド殿はさぞかし残念でしょうね。

でもねぇ、ウェールズとの戦いに敗れたおかげで、我が軍はとんだ被害を被ったのよ。いつか、お返しをしなくちゃ、って思っていたのよ。それが、今度はウェールズがあたしの指図で動くって言うじゃない。

笑っちゃいますわ、おほほほ。ほんと、残念ねえ。お返しができなくなって。でも、これから楽しみね、アナラウドさん。どうやって協力して行きましょうかね、おほほほ。

 

 

f:id:t-akr125:20180314230100p:plain
えっ、ええ・・・

 

 

f:id:t-akr125:20180303131417p:plain
おほほほ

と、エセルレッドはその場を去っていった。

 

 つづく

www.rekishiwales.com

 

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com