イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、アーサー王、イギリスの歴史に関連する内容を中心に記事を書いています。

MENU

ケルトの中世音楽 ウェールズの吟遊詩人と伝統的な楽器

スポンサードリンク

f:id:t-akr125:20180610164316p:plain

こんにちは、たなかあきらです。

中世のウェールズでは、吟遊詩人が音楽と共に活躍していました。当時は新聞や本はありませんし、ウェールズでは文字がなく(限られた公的な文書のみラテン語で書かれた)、 言葉による伝達しか手段がありませんでした。

人々に情報を伝える役、歴史的な物語を語る役(文化や伝統を伝える)として吟遊詩人は重要な役割をになっていたのです。

 

ウェールズにおける吟遊詩人

 

youtu.be

古代ケルトでは、吟遊詩人が英雄的な人物や出来事に敬意を表し、何世代も語り継がれてきた詩や伝説の物語などで詩歌を作り、音楽と共に人々の前で歌い伝えました。

この伝統はウェールズにおいて、タリエシンやアネリンといった詩人たちを通して、初期の中世の時代には続けられていました。

※タリエシン

タリエシン(Taliesin534~599)は、6世紀に活躍したカンブリア(現在のウェールズ付近)の詩人。

タリエシン - Wikipedia

 

※アネリン(Aneirin またはNeirin)
初期の中世の Brythonic詩人でした。 彼は現代のスコットランドエジンバラにあるゴドゥディン ( Gododdin )のおそらくヘン・オグルド ( Hen Ogledd )のカンブリック王国の一人で、 バードまたは裁判所の詩人であったと考えられています。 -Google訳より

Aneirin - Wikipedia

 

ウェールズの伝説マギノビオンの朗読

youtu.be

 

 

ウェールズの伝統的な楽器

ウェールズの伝統的な楽器、クルースについて簡単に紹介します。

 

f:id:t-akr125:20180603134959p:plain f:id:t-akr125:20180603135013p:plain f:id:t-akr125:20180603135029p:plain 

ウェールズの伝統的な楽器を弾く人々(左:パイプ、中央・右:クルース)

 

クルースとはケルト民族の人々が愛用していた古い時代の弓奏楽器です。奏者は楽器を腿に挟んで、左手で指板を押さえながら右手の弓で演奏します。(当初ははじいていたらしいです)
張られた6本の弦は、基本的に同時に演奏されます。

 

youtu.be

youtu.be

クルース | 武蔵野音楽大学

 

 

ウェールズの楽器で有名なのは、やはりハープで吟遊詩人や音楽には欠かせません。ウェールズでは1,000年以上にもわたり特別な楽器として扱われ、中世では宮廷で演奏されました(イングランドでもウェールズのハープが演奏されました)。18世紀終わりまでウェールズ国内でもっとも人気の高かったトリプルハープ(弦が3列)が、ウェールズを代表とするハープとして広く知られています

youtu.be

youtu.be

 

中世の吟遊詩人たちの簡単な歴史

 

中世後期の吟遊詩人たちは3つの機能を担っていました。

①勝利を祝いました。それだけでなく、②国家の法律を歌い、③国の家系を朗読しました。

吟遊詩人は尊敬の待遇を受け、税金も免除されました。イベントは開催され、そこで各地から有名な吟遊詩人たちが集まり、歌を競い合いました。

この吟遊詩人たちの役割は中世の時代に続けられてきましたが、1282年に終わりを告げることになったのです。

 

それは、ウェールズイングランドによって征服され、ウェールズ王たちの統治時代が終わったからでした。

吟遊詩人は終わってしまいましたが、詩を作ることは中世の時代を通して続けられました。例えば、ダヴィッズ・アプ・グウィリムやイオイオ・ゴッホなどの詩人です。

 

※グウィリムはウェールズの詩人の一人として、 中世ヨーロッパの偉大な詩人の一人とみなされています。慣習的な賛美詩を書くだけでなく、自然と愛をテーマに女性との愛を表現した詩も書きました。
Dafydd ap Gwilym - Wikipedia

f:id:t-akr125:20180610154618p:plain

パープとグウィリム 

 

ゴッホは中世ウェールズを代表する詩人のひとりで、ウェールズの英雄オウァイン・グリンドゥールのために作った詩が有名です

Iolo Goch - Wikipedia

 

吟遊詩人たちの祭典

1568年5月26日、吟遊詩人と楽人の催しが、エリザベス1世の勅命によって、ウェールズの北部にあるカエルウイスで開かれました。

また吟遊詩人たちがウェールズの芸術祭(eisteddfod 、アイステッズヴォド)に集う伝統は中断することなく、また吟遊詩人のコミュニティー(Gorsedd)は1792年に設立されて、この伝統は現代まで続けられています。

youtu.be

 

youtu.be

youtu.be

 
最後まで読んでくださりありがとうございました。

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 
 
取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com