イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、アーサー王、イギリスの歴史に関連する内容を中心に記事を書いています。

アングロサクソンの有名な甲冑 サットン・フーは誰の持ち物だったのか?

スポンサードリンク

f:id:t-akr125:20191207172557p:plain


イギリスの大英博物館に所蔵されている有名な、「サットン・フー」の冑とは何でしょうか?

 また、歴史上の誰の冑だったのでしょうか?

 

👉おすすめ記事:イングランドの歴史 アングロ・サクソン七王国の概要  

 

サットン・フーとは

 

サットン・フー(Sutton Hoo)はイングランド東部のイースト・アングリアで発見された、アングロ・サクソン王の墓(船葬墓:船を棺にしたり、副葬品としたもの)です。

 

サットン・フーが発見された一帯は、中世イースト・アングリア王国の墓地などの遺跡が多く見つかっています。

その中で1号墓地と呼ばれる地域から発見された船葬墓の事を、サットン・フーと呼んでいます。

 

サットン・フーからは、全長27mの木製の船をはじめ、有名な戦士の甲冑(かぶと)や剣・盾、豪華な装飾品など(ブローチ、皿、角杯など)が見つかり、 現在は大英博物館に展示されています。


サットン・フーの埋葬品の画像など(大英博物館)

 

サットン・フーの埋蔵品は大英博物館に展示されており、甲冑の面、装飾品などの所蔵品の写真が、ホームページに載っています。 

大英博物館にある埋蔵品写真、船墓の発掘模様

 


サットン・フーは誰の墓?

f:id:t-akr125:20191207173404p:image

赤い領域がイースト・アングリア(ウィキペディアより)

 

サットン・フーの副葬品の中には、西暦 625 年と刻まれた金貨が含まれており、 7世紀の初め頃の船葬墓ではないか?と推定されています。

 

サットン・フーはイースト・アングリアの王の墓と仮定しますと、7世紀初め頃の王は、レッドウォールド、エアルプワルド、シゲベルドとなります。

この3人のうちの誰かの墓ではないかと考えられます。

623年頃になくなったイースト・ アングリア王レッドウォールドの墓という説が有力です。

 

f:id:t-akr125:20191207180025p:plain

 

 

サットン・フーの時代の歴史背景

イースト・アングリア王国(The kingdom of East Anglia)は、アングロ・サクソン七王国の1つです。

👉イングランドの歴史 アングロ・サクソン七王国の概要 

 

レッドウォールド(Rædwald)はアングロサクソンの王国、イーストアングリアの王で599年~623年頃(624年や627年の説も)年まで統治していました。

 

レッドウォールドの時代はとても困難な時期でした。

・ヴァイキング達がイーストアングリアに侵略して、修道院を次々に破壊していました。

・アングロサクソンの国同士でも争いが続いていました。レッドウォールドはケント

王国のエゼルベルト王の支配下にありました。

 

レッドウォールドは、ノーサンブリア王国を追放されたエドウィンを保護し、ノーサンブリア王国のエゼルヴリス王を616年に倒しました。

 

また、ケント王国のエゼルベルト王も616年頃に亡くなり、レッドウォールドは勢力を広げて、もっとも強力な王の1人となりました。

 

レッドウォールドは最も勢力のある王の称号である「ブレトワルダ」の1人とされ、この偉大な王を葬った墓が、サットン・フーと考えられます。

 

👉おすすめ記事:イングランドの歴史 アングロ・サクソン七王国の概要  

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com