イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、アーサー王、イギリスの歴史に関連する内容を中心に記事を書いています。

イギリスで自然災害は起きるのか?「イギリスの竜巻の歴史」

スポンサードリンク

 

f:id:t-akr125:20191208194801p:plain

 

イギリスで竜巻は発生するのでしょうか?
発生する場合、どのくらいの頻度で、どのくらいの強さの竜巻なのでしょうか?

 

👉おすすめ記事

・イギリスで地震は少ないのか? イギリスのウェールズで起きた地震と原因 

・「イギリス」の正式名称と名前の由来、イングランド、スコットランド、ウェールズの違い 

 

イギリス(グレートブリテン島)で発生する竜巻の数・強さ 

どの程度UKでは竜巻が起きているのでしょうか?

驚くことにイギリスでは年間におよそ30~50もの竜巻が発生し ています。このイギリスで竜巻が発生する頻度は、世界の竜巻が起きる平均値よりも高い値になっています。

※日本で発生する竜巻は年間約20個です(2007年~2017年平均:23個) 

 

イギリスで起こる竜巻はどの程度の強さ?

グレートブリテン島で発生する竜巻のうち95%はF0-F1の強 さで、最大風速は112mph(約50m/s) 程度です。

アメリカ大陸で起こるような216-318mp(約97 ~142m/s)の最大風速で、 甚大な被害を起こすような竜巻は、イギリスではとても稀です。

しかし、過去には大きな被害をもたらした竜巻もありました。 

 

※風速の強さ(Fスケール)

F0:17~32m/s(アンテナが倒れる)
F1:33~49m/s(瓦が飛びガラスが割れる)
F2:50~69m/s(屋根が飛び大木が倒れる)
F3:70~92m/s(家屋が倒壊し自動車も飛ぶ)
F4:93~116m/s(家屋はバラバラ、自動車も空中飛行する)
F5:117~142m/s(家屋、自動車、列車など吹き飛ぶ)

気象庁|藤田(F)スケールとは

 

中世にロンドンで起きた強烈な竜巻

 

f:id:t-akr125:20191123220005j:image

 

イギリスの歴史上では、F5の非常に強い竜巻が襲ったと考えられ る例が1つありました。

それは、1091年のロンドンを襲った竜巻で、風速は240mp h(約107m/s)であったと考えられます。

木製のロンドンブリッジは破壊され、セント・メアリー・ル・ ボウ教会(St. Mary-le-Bow)はひどく損傷し、屋根にある約8メート ルある屋根を支える樽は、地面に落ちました。 他の教会も破壊され、600以上もの家屋も崩壊し、当時18, 000人の人口のうち2人の犠牲者が出たと言われています

当時のイングランド王ウィリアム2世は、 竜巻が起こっている間にロンドンに居たかどうか、 分かっていません。

 

それ以来、1000年間に、F5の強さの竜巻は起こっておらず、 2005年にバーミンガムで起きた竜巻が最も強く、93~130 mph(約42~58m/s)とされています。 この竜巻は短い時間の間に、1000本の木が倒れ、 多くの屋根や建物や車が壊され、トータルで4000万ポンドの被 害額でした(イギリス史上もっとも被害額が高かった)

 

 

主なイギリスで起きた竜巻の歴史

 

11世紀~19世紀 

・ロンドン(1091年):F5とイギリスで起きた最も強い竜巻 として知られる

・ノッティンガム(1558年):6名の死者を出した。

・マルヴァン(1761年):ロセスター州で起きた竜巻

 

20世紀

・ウェールズのバリー~イングランドのチェスター(1913年) :数名の死者を出した

・バーミンガム(1931年):F3の強さで、1名の死者と多く の負傷者を出した

・バッキンガム(ケンブリッジ州)(1950年):F2の強さで 、F1の竜巻が続いて起きた

・イングランド(1954年):6つの竜巻が、 イングランド中に渡って起きた。F3:1つ、F4:4つ、F0: 1つ

・イングランド(1960年):13個もの竜巻が2日間に渡って 、イングランド南部で起こった。さほど強い竜巻ではなくF0~F1の強さであった。

・イングランド(1981年):104個もの竜巻が起き、8人の 死者をだした。しかし、1つ1つの竜巻は強いものではなかった。 F2:2、F1:57、F0:24、FU:24

 

2000年代

・バーミンガム(2005年):F2の竜巻がバーミンガムの中心 街を襲い、39人が負傷して大きな損害を受けた。

・イギリス(2006年):少なくとも4つの竜巻が発生し、8名 が負傷した。

・ロンドン(2006年):6人が負傷した

・イングランド中部(2007年):6つの竜巻が発生(内4つが F1の強さ)

 

2010年代

・イングランド&ウェールズ(2011年): マンチェスターやウェールズのアングルシー島で発生。F1:2、 F0:1の数で、1名が負傷

・イングランド(2014年):イングランド、フランス、 ベルギーに渡って発生した竜巻。7つの竜巻がイングランドで発生 し、同時にフランスで3つ、ベルギーで2つ発生した。

・イングランド(2014年):フランス、ベルギー、オランダ、 ドイツ、イングランドに渡って発生した竜巻。全部で16個もの竜 巻が発生し、イングランドでは1つ発生した。

 

※参考 

BBC Radio - Under the Weather - Do you live in the British tornado alley?

List of European tornadoes and tornado outbreaks - Wikipedia

 

👉おすすめ記事

・イギリスで地震は少ないのか? イギリスのウェールズで起きた地震と原因 

・「イギリス」の正式名称と名前の由来、イングランド、スコットランド、ウェールズの違い 

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com