読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

記憶と心に残るウェールズの観光、イギリスの穴場的な観光地

イギリス ウェールズ ウェールズのお城 ウェールズの歴史

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

皆さんこんばんは。たなかあきらです。

イギリスのウェールズは日本人にはあまり知られておらず旅行者も少ないですが、
自然が多く歴史遺産も多く、イギリスでは人気の観光スポットの一つになっています。

 

f:id:t-akr125:20160627012437j:plain

 

イギリスの西部に位置するウェールズは四国と同じくらいの面積と人口のとても田舎の国でのんびりとしており、滞在していると心が和み癒されていきます。

そんなウェールズに住んでいた時に行った素晴らしい歴史の旅をご紹介します。
名づけて、ウェールズ心の旅!! ではご一緒にウェールズを満喫してみましょう。

 

f:id:t-akr125:20160627012408j:plain

 

ウェールズの観光の例:北ウェールズ歴史紀行

ウェールズの旅のスタートは首都カーディフ 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

まずスタートはウェールズの首都カーディフカーディフ中央駅から電車に乗ってウェールズ北部に向かいます。

カーディフ市内にもカーディフ城など、観光にぴったりな場所が沢山あります。カーディフに関する情報はこちらをご覧ください。

f:id:t-akr125:20160627012312j:plain

www.rekishiwales.com

 

鉄道はNational Rail を使用しました。

www.nationalrail.co.uk

 

スポンサーリンク

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

電車の車窓からみる緑広がる田舎風景は、満喫しすぎるほど満喫できます。
北部に差し掛かるまでず~っと続くので、ちょっと一眠りできます。

海岸に出ても、さすがウェールズ。のどかな田園風景はずーっと続きます。
牛や羊がのんびりと牧草を食べています。

f:id:t-akr125:20160627012522j:plain

 

ウェールズの観光:素晴らしい世界遺産のお城たち

 

f:id:t-akr125:20160627012408j:plain

度肝を抜かれた壮厳な世界遺産遺産!!コンウィ城

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

まずはコンウィに到着。世界遺産のコンウィ城を散策します。街中がぐるりと城壁に囲まれ守られている感じがします。前は素晴らしい海、後ろは緑深い丘陵地帯の素晴らしい眺めも堪能できます。何といっても、荘厳ですごい存在感のあるコンウィー城に圧倒されます。

f:id:t-akr125:20160627012551j:plain

www.rekishiwales.com

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

コンウィでお城と、街並みと眺めを楽しんだ後は、再び電車にのり今度は海峡を越えてアングルシー島へ移動しました。

一日目はこのユースホステルに宿泊しました。ゆったりとくつろげましたよ。

YHA コンウィ(YHA Conwy) 4つ星

 

世界で最もスペルが長い駅

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

海岸の風景と、牧草地の風景をのんびりと見ながら、川幅くらいしかないメナイ海峡
渡り、アングルシー島に電車は進みます。

そうしていると、めちゃくちゃ駅名が長い駅に停車します。
その名はLlanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch です。

何とか発音できないものか?と口ずさみながら電車はやや北上していきます。
まあ、発音は断念しました(笑)

f:id:t-akr125:20160627012702j:plain

 

www.rekishiwales.com

 

 

資金不足で未完成の美しい城、ビューマリス

 f:id:t-akr125:20160627012408j:plain

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

上空から見ると見事なシンメトリー6角形の構造をしており、
お城の眺め、海の眺めもとても素晴らしく、癒されますね~
身も心も元気になってきました。

 

f:id:t-akr125:20160627012918j:plain

www.rekishiwales.com

  

天空の城ラピュタに登場するお城のモデル、と言われているカナーヴォン城

f:id:t-akr125:20160627012408j:plain 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

再び電車に乗り込みメナイ海峡を渡り、海峡の反対側の端に移動します。
そこにも美しい世界遺産のお城があります。

天空の城ラピュタでシータが閉じ込められたお城のモデルになっているカナーヴォン城です。お城を見ていると、映画のシーンと同じような場所がたくさんあり、探すのも面白いですね。またプリンスオブウェールズ戴冠式にも使用されている由緒あるお城です。

 

f:id:t-akr125:20160627012938j:plain

www.rekishiwales.com

 

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

これまで訪れた3つのお城は、13世紀末にウェールズを征服したイングランド王エドワード1世が建てたアイアンリングと呼ばれるお城たちで、いずれも世界遺産になっています。

www.rekishiwales.com

 


ウェールズ最高峰の山、スノードン山

 

f:id:t-akr125:20160627012408j:plain

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

お城を満喫した後はバンゴールに移動しそこからバスに乗って宿泊先に向かいました。

2日目の宿泊は、スノードン山へ行く途中のユースホステルに泊まりました。ちょっと山小屋気分が味わえて楽しかったです。

 

※画像をクリックしてください!詳細が出ます

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

ぐっすり眠り疲れを取った後は、朝からスノードン山に登ります!
といっても足ではなく、スノードン鉄道で山頂まで行きました。

景色は最高、電車も最高です。いやあ、本当にウェールズの旅は自然も歴史も楽しめていいなあ、と思いました。

 

f:id:t-akr125:20160627013039j:plain

 

www.rekishiwales.com

スポンサーリンク 


ウェールズの観光:まとめ

 

f:id:t-akr125:20160423222245j:plain

ウェールズの心は何か?北ウェールズの旅をして歴史に触れて感じたことを
簡潔にまとめてみました。

f:id:t-akr125:20160627013203j:plain


ぐるっとイギリス350キロ連合王国の悲しみと希望~ウェールズ


その時も、今の自分にとっても大切な点であると思います。
これを直に感じるために僕はウェールズに行ったのかもしれません。

ウェールズで感じた事、学んだことを活かして生きていきたいなあ、その経験を少しでも皆さんにお伝えし、何か感じてもらえたらいいなあと思っています。

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

ウェールズ「ケルト」紀行―カンブリアを歩く

ウェールズ「ケルト」紀行―カンブリアを歩く

 
【ビジュアル版】ヨーロッパ「ケルト」紀行 上巻=島編

【ビジュアル版】ヨーロッパ「ケルト」紀行 上巻=島編

 

 

  

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com