イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

アーサー王の墓 アヴァロンはどこにあるのか?

f:id:t-akr125:20170819185206j:plain

 

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain

こんにちは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。アーサー王のお墓ってどこにあるんだろう? アヴァロンってどこなんだろう? 

という訳で、アーサー王の墓があるといわれている、アヴァロンの現在の場所について、いくつかの説を集めました。

 

アヴァロンってどんな意味?

f:id:t-akr125:20170819181843j:plain 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

モルドレッドとカムランの戦いで対決し、致命的な重傷を負ったアーサー王アーサー王が傷を癒すため、眠りにつくために送られたとの言われる、アヴァロンはどこだろうか?

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

アヴァロンにアーサー王のお墓があると言われ、その場所には幾つもの説があるんだ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain
やっぱり、アーサー王の時代は6世紀とかなり昔で、なかなか証拠は残ってないですし、アーサー王自体が実在しないかも、知れないからでしょうか。

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain
そうだけれど、アヴァロンの候補地には、それなりの理由があり、更にアーサー王物語が楽しめるよ。

 

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

まず、アヴァロンの意味について話して行こう。アーサー王がモルドレッドとの戦いで負った致命的な傷を治すために、アーサー王はアヴァロンに運ばれ、そこで安息についた。と「ブリタニア列王史」に書かれているんだ。

アヴァロン(Avalon)とは、「りんごがなる木の場所」と言う意味で、ギリシャ神話に出てくる「ヘスペリデスの園」との関連がある、と言われているんだ。ヘスペリデスの園は美しい妖精たちが、黄金のりんごがなる木の番をしているんだ。

ヘスペリデス - Wikipedia

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

何だか、天国にいるようなお話ですね。

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

そうなんだ、そこなんだよ。アヴァロンには、天国やあの世と言う意味も含まれているんだ。ケルト神話では、あの世の神アヴァラヒ(Afallach)が住む場所で、アヴァロンは「あの世の入り口」と言う意味なんだ。

EBK: Afallach, God of the Otherworld

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

なるほど。アーサー王が、アヴァロンに送られたのは、あの世や天国に行くため、なんですね。

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

そのアヴァロンの候補地は何処にあり、なぜ候補になっているのか? 伝説をお話ししよう。

 

アーサー王の墓、アヴァロンはここにある

グラストンベリー説 

f:id:t-akr125:20170819183128j:plain

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

まず、アヴァロンの最有力候補と考えられるのが、グラストンベリー(Glastonbury)だよ。グラストンベリーイングランド南部のサマセットにある、小さな街なんだ。

グラストンベリー - Wikipedia

グラストンベリーには頂上がとがった、Torと呼ばれる岩山があり、そこはケルト神話のあの世の神Gwyn ap Nuddの宮殿があったと言われているんだ。つまり、あの世の入り口、アヴァロンだよ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

じゃあ、瀕死のアーサー王グラストンベリーに流れ着いた、と言うことですね。でも、アーサー王は船で流れ着いたんですよね? 緑ばかりで海は無さそうですけど。

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

グラストンベリーは、緑の島(Isle of Grass)や、グウィセリン島(Isle of Gwythrin 中世のグラストンベリー付近の呼び名)と言う意味なんだ。小高いTorから眺める緑は海の様に広がっていたのかも知れないな。

それに、アーサー王の時代には、どうやら周りは湿地帯だったようだ。だから船で行けたと思うよ。アーサー王は最初にTorに葬られたそうだ。

EBK: Glastonbury, the Isle of Avalon

 

 

f:id:t-akr125:20170819183250j:plain

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

更にグラストンベリーにはこんな凄い伝説もあるんだ。イエス・キリストが十字架に架けられた時、流れる血を聖杯で受け取り、その後イエスを葬った人物がいるんだ。アリマタヤのヨセフだ。

ヨセフは単独または、イエスと共にグラストンベリーを訪れ、イギリスに初めて教会をを建てた、と言われているんだ。ヨセフ自身もその修道院の何処に眠っているそうだ。

このアリマタヤのヨセフの聖杯は、アーサー王が国を救うために円卓の騎士たち何処に探し回った聖杯と言われているんだよ。

アリマタヤのヨセフ - Wikipedia

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

グラストンベリーアーサー王は、ヨセフを通して、凄い繋がりがあるんですね。何か証拠みたいなものは、残ってるのですか?

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

このグラストンベリー修道院だけど、1191年に院長がカシの木で出来た棺を見つけたそうだ。その中に頭をひどく負傷した大男の骨が横たわっていたそうだ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

まさか、その大男って、アーサー王とか?

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

その棺にはこう書かれていたそうだ。

「ここに葬られた有名なアーサー王と、2人目の妻グィネヴィアが眠るアヴァロン島で」

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

すごい。これは、グラストンベリーはアヴァロンに間違い無いんじゃないですか? 

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

ところがだ、この修道院長は金銭に困っていて、お金が必要だったらしい。そのための、作り話か、、、とも言われてるよ。ちょっとガクッとするけど、グラストンベリーには、アヴァロンと関連する色んな伝説が盛り沢山にあるので、アヴァロンの候補地としては有力と思うよ。

 

バスチャーチ説 

f:id:t-akr125:20170819183925j:plain

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

今、ホットなのが、バスチャーチ(Bschurch)と呼ばれる、ウェールズイングランドの国境にあるシュロップシャーの街なんだ。

Google マップ

ローマ時代の要塞があったロクシター(Wroxeter)から王が来て、Bassa教会に埋葬された、と言う中世の記述があるんだ。(Bassはバスチャーチとら考えられる)

興味深いのはアーサー王は、ケルト系の王だけどローマ帝国のとの結びつきは強いんだ。「ブリタニア列王史」の記述を見ても、祖父の代はローマ司令官であったしね。だから、アーサー王がローマ要塞にいたり、ローマ軍の司令官としても不思議はないんだ。

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

最近の研究では、郊外にあるBerth hillが可能性があるんじゃないか、と言われているんだ。まだ、発掘などの調査は行われておらず、これからだそうだ。

現在は緑が広がる場所だけど、かつては水で囲まれていたそうだ。

f:id:t-akr125:20170819184255j:plain

The Lost Tomb of King Arthur 5

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain
もし調査が行われたら、何が明らかになるか、ワクワクしますね。

 

 

リンゴの島、バードジー島説

 

f:id:t-akr125:20170819184512j:plain


f:id:t-akr125:20161210161513p:plain
バードジー島(Ynys Enlli, Bardsey Island)も、アヴァロンじゃないか、と言われているんだ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

グラストンベリーとバスチャーチは陸地だったけど、バードジー島は島なんですね。

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

そうだな。バードジー島は北ウェールズにあって、よく見ると三ヶ所はいずれもウェールズか、ウェールズの近くにあるな。
Bardsey Island - Wikipedia

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

バードジー島にはどんなアーサー王の伝説があるんですか?

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

バードジー島は、いつもアーサー王を助けていた魔法使いのマーリンが生まれた場所でもあるし、埋葬された場所、と言われているんだ。 

14世紀の記述に、アーサー王は、アヴァロンに行くために、(バードジー島がある)ウェールズグウィネズに連れて行けと言ったとの記述もあるんだ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

バードジー島も、アヴァロンの有力な候補ですね~

 

f:id:t-akr125:20170819184708j:plain
バードジー島産のリンゴ

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

バードジー島は、二万人以上の聖者の墓がある、巡礼の地でもあるんだ。また、面白いことに、バードジー島はリンゴの産地であり、アヴァロン(リンゴの島)を連想させるんだ。バードジー島で採れるリンゴは、世界で最も珍しい品種と言われているんだ。ピンク色で、甘くてレモン風味のジューシーな味らしいよ。

マーリン・アップルと呼ばれるリンゴもあるそうだよ。

Bardsey Island Apple Introduction

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

食べてみたいです!

 

もう一つのアヴァロン説

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

アーサー王のモデルの1人と言われているのが、フランスに住む実在のローマ軍の司令官であったリオタムス(Riothums)だ。リオタムスはローマ皇帝の要請を受けて戦っている時に、味方の裏切りに会い、戦いに敗れて、アヴァロンに逃れ消息を絶ったと言われているんだ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

アーサー王とメチャメチャ似てますし、名前自体アヴァロンじゃないですか? それでリオタムスなアヴァロンは何処にあるのですか?

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

これは、イギリスじゃなくて、フランスのブルガンディーにある、アヴァロン(Avallon)なんだ。

アヴァロン (ヨンヌ県) - Wikipedia

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

どのアヴァロン説も、本当に聞こえてきますね。どれが本当か、分からなくなってきました。でも面白いです。

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

そのほかに、地中海の名前の分からない島、イタリアのシチリア島って説もあるんだよ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

そんなに色んなアヴァロンの説があるんですか! 何処も行ってみて、伝説に直接触れてみたいなあ。

 

参考:King Arthur's Tomb May Have Been Found | Mysterious Universe

Is King Arthur buried in a field in Shropshire's Baschurch village | Daily Mail Online

 

※おススメ記事

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

 

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com