イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、アーサー王、イギリスの歴史に関連する内容を中心に記事を書いています。

英国王ジョージ6世の実際のスピーチ(吃音まじり~克服のスピーチへ)


f:id:t-akr125:20180504165526p:plain



f:id:t-akr125:20161204125616p:plain
こんにちは、たなかあきらです。

映画「英国王のスピーチ」(The King's Speech) は、吃音症に悩むジョージ6世が、ひとりの言語療法士に出会い、吃音症を克服し、国民の前でスピーチを成功させる内容です。

治療を受ける前は、吃音症のため何度も言葉がつっかえ、ひどくスピーチをすることを嫌っていたそうです。

そこで、実際のジョージ6世の、吃音が見られるスピーチと治療後のスピーチの動画を集めてみました.。

 

👉参考:映画「英国王のスピーチ」 あらすじと実際のスピーチ  

 

吃音まじりのジョージ6世(ヨーク公爵の時代)

1925年に開催された大英帝国博覧会でジョージ6世は、父ジョージ5世のかわりに出席して、吃音まじりでスピーチがうまく行かなかったことが、治療のきっかけになったようです。

 

※1925年の大英帝国博覧会の様子(スピーチは写っていません)

State Opening Of British Empire Exhibition By H.M. The King (1925) - YouTube

 

そして、ジョージ6世は1926年に言語療法士ライオネル・ローグに出会い、吃音症の治療を始めました。

次の動画は、治療中の1930年のスピーチの動画です。よく見ていると、途中で何度も止まったり吃音が混じっている様子がうかがえます。

youtu.be

 

こちらは1934年のジョージ6世のスピーチです(こちらも、まだヨーク公爵だった時代です)。治療の効果が出ている様子で、多少はあるのかもしれませんが、殆ど吃音は感じられないように思います。

youtu.be

 

 

ジョージ6世になってからのスピーチ

こちらは、1938年の大英帝国博覧会でのスピーチです。吃音は殆ど感じられず(後半ちょっとあるように思いますが)、堂々としたスピーチに思います。

youtu.be

 

こちらが、映画「英国王のスピーチ」に用いられた、1939年の第二次世界大戦の宣戦布告時の実際のラジオ演説です。(ラジオなので音声だけです)

 


 こちらは映画でのスピーチです
youtu.be

👉映画「英国王のスピーチ」 あらすじと実際のスピーチ 



 

実際の英国王ジョージ6世の素顔に迫った感動のドキュメンタリー作品。当時の貴重な映像や、関係者たちへのインタビューを交えながら、映画では描ききれなかったジョージ6世の魅力に迫っている。

 

👉おすすめ記事

・イギリス王室の名前伝説!!イギリス王室の名前はイギリス人の名前じゃない?

・知ってました?イギリス王室の継承ピンチの歴史

・ダイアナ妃のスペンサー家 祖先をたどる

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com