イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、アーサー王、イギリスの歴史に関連する内容を中心に記事を書いています。

分かりやすいアイルランドの歴史概要(古代~現代)

スポンサードリンク

f:id:t-akr125:20190202141120p:plain

写真:ダブリン城

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain
こんにちは、たなかあきらです。
今回はアイルランドの歴史の概要を分かりやすくお話します。

アイルランド島はグレートブリテン島の西側に位置します。
ヨーロッパ大陸から移住したケルト系文化とカトリック信仰の独自文化を持っていますが、長い間イングランドの支配を受けていました。

18世紀以降は独立運動が起き、20世紀に自治が復帰しましたが、北部はイギリスにとどまっています。

 

※コチラもご参考に
👉分かりやすい中世のイギリスの歴史①(イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)

👉分かりやすい中世のイギリスの歴史②(イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)

 

 

アイルランドの歴史の超概要

アイルランドのごく簡単な歴史概要を年表で表しました。
この順にお話をしていきます。

・先史時代:紀元前8000年頃~
(ケルト民族が侵入する以前。旧石器&新石器時代)

・古代 :紀元前数世紀頃~5世紀初め頃
(ケルト民族の支配がはじまる)

・独自のカトリック信仰:5世紀初め頃~8世紀頃
 (多神教からキリスト教へ)

・ヴァイキングの侵略:8世紀~11世紀

・ノルマン人侵攻:12世紀~14世紀

・イングランド支配減衰:14世紀~15世紀
・イングランド支配:16世紀~19世紀
 ヘンリー8世、クロムウェル、ウィリアム3世の支配、

・アイルランド独立運動~独立:19~20世紀

先史時代の歴史(紀元前8000 - 紀元前 数世紀頃

 先史時代のアイルランドの歴史を簡単に年表で表します。
・紀元前7000年以上前(旧石器時代):アイルランド島に人々が移り住む
・紀元前4000年頃(新石器時代):農耕が始まる
・紀元前2,500年頃:青銅器文化
・紀元前1,200年頃:金の装飾品や武器を作るようになる
・紀元前600年:鉄器時代が始まる

 

この頃アイルランド島に住んでいた人々は、ヨーロッパ先住系(北欧、バルカン半島に多い)ハプログループI (Y染色体で碧眼で金髪)に属す人々と考えられます。

ハプログループI (Y染色体) - Wikipedia

 

古代の歴史(紀元前 数世紀頃~5世紀初め頃)

f:id:t-akr125:20161204185622p:plain
ヨーロッパ大陸からケルト人がアイルランド島にやってきたのは、紀元前600~150年頃です。北西ヨーロッパのケルト系民族(ゲール人)がアイルランド島に侵略し、先住民たちを征服しました。

※時代ははっきりしないがグレートブリテン島にもケルト系民族が侵略していた(アイルランドよりも前の時代と考えられる)
 

当時のヨーロッパは、ローマ帝国や中央ヨーロッパのゲルマン民族が勢力を広げており、ケルト系民族は彼らに追われる形で西へと移動しました。

ゲール人たちは家父長制の小王国を形成していましたが、次第に権力を誇る王国に統合支配されました。

 

※400年頃のアイルランド島は6程の王国に分かれていました

f:id:t-akr125:20190125194817p:plain

 

f:id:t-akr125:20161204185622p:plain
ローマ人たちはアイルランドをヒベルニアと呼んでいました。
西暦43年にローマ帝国はブリタニア(北部を除くグレートブリテン島)を征服し、410年にローマ軍が撤退するまで支配をつづけました。


アイルランドはローマ帝国に支配されることはありませんでしたが、ローマ文化の絵一興は大きな影響を受けました。

 

独自のカトリック信仰の広がり(5世紀初め頃~8世紀頃)

f:id:t-akr125:20190202134354p:plain

聖パトリック像(ウィキペディアより)

f:id:t-akr125:20161220203244p:plain
アイルランド島ではいくつかの王国に分かれて内乱を繰り返していました。これらの王国を実質的に支配していたのは、ドルイドの僧侶たちでした。


※ ドルイドはケルト社会の最上位階級をしめて、王にもまさる精神的権威を認められていました。宗教と魔術、裁判や教育、病気の治療などの役割をになっていました。

 

このドルイド社会からキリスト教の社会に変化していきます。
アイルランドにカトリック教会のキリスト教を伝えたのは、5世紀ごろの聖パトリック(パトリキウス)です。

 

聖パトリックは現在のウェールズでクリスチャンの家庭に生まれましたが、海賊に拉致されアイルランドに奴隷として売られました。その後、脱出してウェールズに戻り、ヨーロッパで神学を学びました。
そして、432年に再びアイルランドを訪れ
布教活動を続け、ローマ教会からアイルランドの司教として認められたと言われています。

 

 

f:id:t-akr125:20161220203244p:plain
アイルランドでは独自の修道院文化が発達し、古典の筆写や研究が盛んに行われました。西ヨーロッパのキリスト教国のなかでアイルランドは修道院が教会を支配した唯一の国です。 

6世紀~7世紀にかけて、アイルランドの修道院は学びの中心地であり、聖クルンバや聖コルンバヌスなどの宣教師を、ヨーロッパ各地に送り出していました。

 

この頃のヨーロッパは、戦乱、疫病、政情不安定などが続いた暗黒時代(Dark Ages)でしたが、アイルランドは宗教、著書、アートなどが発達した黄金の時代でした。

アイルランドではヴァイキングが8世紀末に侵略するまで、平穏が続き、学問が盛んに行われました。

 

※聖パトリックは今でもアイルランドの守護聖人とされ、命日の3月17日はセント・パトリック・デー (St.Patrick's day)で、アイルランドの国民的祝日となっています。

※アイルランドはカトリック信仰が根強く、現在でもイングランドの新教徒(国教会)とは対立しています。

 

f:id:t-akr125:20161204185622p:plain
500年頃から、アイルランドからスコット人(アイルランド人のことをスコット人と呼んでいた)が海を渡り、スコットランドの西岸部に侵略してダル・リアダ王国をつくりました。

さらに843年にダル・リアダ国王のケネス1世はアルバ王国を合わせて、スコットランド王国を建国しました。
このように、中世前期のアイルランドとスコットランドには深い関係がありました。

 

参考記事
👉スコットランドの歴史 スコットランド王国成立の超概要

 

ヴァイキングの襲来(8世紀末~11世紀頃)

 

f:id:t-akr125:20161204185622p:plain
9~11世紀にかけて、アイルランドは北欧のヴァイキングの侵攻を受け、ダブリンなどの港を占領されました。


9~12世紀の西ヨーロッパではヴァイキングが猛威を振るっていました。

イギリス、フランス等を中心に各地を襲い殺掠、略奪を繰り返し西ヨーロッパ諸国を広く支配するようになりました。

参考記事
👉ヴァイキングの歴史 ヴァイキングが強かった理由、語源や特徴、支配した国々

 

1014年にアイルランド上王、ブライアン・ボルー王がヴァイキングを打ち破った後は、アイルランドの脅威は縮小していきました

ヴァイキングはアイルランドの沿岸部を一時的に支配しましたが、イングランドとは異なり領域的な支配は行われず、アイルランドの交易を盛んにしました。

アイルランドを拠点として、イングランド西岸やウェールズに攻撃をしたヴァイキングたちもいました。

ブライアン・ボル - Wikipedia

 

f:id:t-akr125:20171009142058j:plain

※図中のスカンジナヴィアン・ヨークの領域

図はEngland and Wales AD 900-950より

 

ノルマン人の侵攻(12世紀~14世紀初め頃)

 

f:id:t-akr125:20161204185622p:plain
1066
年、アングロ・サクソン族の国イングランドはフランスから侵攻したノルマン人によって征服されました(ウィリアム1世によるノルマン征服)。
ノルマン人たちはイングランドにとどまらず支配を広げようとしました。

そして、12世紀になるとノルマン人の侵攻がアイルランドにも及んできました。

 

参考👉イングランドの征服王と呼ばれたウィリアム1世のカリスマ性の秘訣

 

12世紀までに、アイルランドは大小様々な王国に分かれていました。その中の王国のひとつにレンスターがありました。

レンスター王ダーマック・マクモロー(Dermot  MacMorrough)は、新たな上王ローリー・オコナー( Rory O'Connor)によって国外に追放されていました。

 

ダーマック王は王国を取り戻すためにノルマン人の協力を得ました 

・1167年にノルマン人リチャード・フィッツゴッドバード・デ・ロシュRichard fitz Godbert de Roche)がアイルランドに上陸しました。

・1169年にウェールズおよびフランドルからのノルマン軍がダーマック王に協力し、レンスター王国を奪回し、ダブリンとウォーターフォードがレンスター王の支配下となりました。

 

ダーマック王はノルマン人貴族のリチャード・ド・クレアを養子にして後継者としましたが、イングランドのヘンリー2世が反発しました。

ヘンリー2世(ノルマン人)は、イングランド王国以外にノルマン人の勢力ができることを懸念し、アイルランド侵攻を始めたのです。

 

f:id:t-akr125:20190202134534p:plain
アイルランド王ダーマック

 

f:id:t-akr125:20161204185622p:plain
1171
年にヘンリー2世はイングランド王として初めてアイルランドに上陸。ノルマン人達に忠誠を誓わせ領土を支配下におきました。

 

そしてヘンリー2世は、息子のジョン王にアイルランド太守の称号を与え、ジョン王は恒久的な中央政府を組織しました。

ヘンリーはウォーターフォードとダブリンを王領都市として宣言し、息子ジョンにアイルランドの支配権(Lord of Ireland, アイルランド卿)を与えました。

ジョンが兄リチャード1世を後継してイングランド王となると、アイルランドもイングランド王国の支配下となりました。

 

イングランド国王の支配下にあるノルマン人たちは領土を拡大して要塞を築きました。1250年頃には、イングランド勢力はアイルランド島の4分の3に及ぶまでになりました。

 

 

※1300年頃のノルマン人の支配領域(薄い黄色の部分)ウィキペディアより

f:id:t-akr125:20190202133610p:plain

 

イングランドの支配後退(14世紀~15世紀)

 

f:id:t-akr125:20161204185622p:plain
 
このように1213世紀にかけて、アイルランドではイングランド支配が進みました。

 

しかし、14世紀になるとイングランドの支配力は低下していきました。ノルマンによるイングランド支配に対する、アイルランド人(ゲール人)たちの抵抗が始まりました

 

1315年にスコットランドのエドワード・ブルース(スコットランド王ロバート1世の弟)が反イングランドのアイルランド人を味方にしてアイルランド王に推され、アイルランドに侵攻しました。

結果的にエドワードは敗北しましたが、この戦乱を利用して、アイルランド人たちは立ち上がり、イングランドに奪われた土地を取り戻しました。

 

また、イングランド自体も変化していました。イングランドはヘンリー6世のときに、フランスとの百年戦争で敗れて最終的にフランス領土の大部分を失い、さらにイングランド王の継承権をめぐって、イングランド王室内でばら戦争が起きていました。

 

これらアイルランド人たちの抵抗や、イングランド王権の弱体化により、イングランドが支配する領域と、アイルランドが支配する領域と2分するほどになりました。

 

※黒死病

1348年にペスト(黒死病)がアイルランドに上陸し、都市部の人口を激減させました。アイルランド人は田舎に住んでいましたが、ペストが流行した都市部ではノルマン人が多く住んでおり、多数の犠牲者を出しました。

 

イングランド支配(16世紀~19世紀) 

ヘンリ8世のアイルランド支配

f:id:t-akr125:20161204185622p:plain
イングランドはアイルランドの王権を保持していましたが名目だけで、アイルランド人伯爵が総督となり事実上アイルランドを治めていました。

イングランドではばら戦争が集結し、ヘンリー7世がテューダー朝をはじめ、息子のヘンリー8世の時代には、中央集権や絶対王政が強まっていました。
そして、イングランドの目は再びアイルランドに向き始めました。

 

ヘンリー8世はカトリックのローマ教皇と対立し、プロテスタント(国教会)を設立するなど宗教改革を行ったイングランド王のヘンリ8世は、1541年に自身がアイルランド国王となることをアイルランド議会に承認させました。

アイルランドは独立した国ですが、イングランドの支配を受けることになり、イングランドからの移民も盛んに行われるようになりました。

 

ヘンリー8世はプロテスタントをアイルランドにも強要しましたが独自のカトリックが根強いアイルランドには国教会はなかなか浸透しませんでした。

宗教的な対立や、イングランド支配に対する抵抗により、アイルランドでは反乱が続きました。

しかし、1603年にアルスターはイングランドに敗北して植民地となり、カトリックのアイルランド人は追放されてしまいました。

 

※アルスター(現在の北アイルランド)にはイングランドやスコットランドから移住が盛んにおこなわれ、宗教や生活様式が他とは異なりました。これが北アイルランド問題の起源となります。

 

 参考記事👉イングランド王 ヘンリー8世 6人の妻たちへの悪事と功績

 

クロムウェルのアイルランド征服(1649年)

f:id:t-akr125:20161204185622p:plain
 
イングランドでピューリタン革命により権力を握ったクロムウェルは、王党派とカトリックを討伐する口実で、1649年にアイルランドに軍を進め、大量虐殺と土地の没収を行い、アイルランドを征服し、植民地化しました。

 

アイルランドではクロムウェルへの恨みを残す形となり、その後独立運動が激しく展開される原因となりました。

参考:ピューリタン革命 - Wikipedia

 

ウィリアム3世のアイルランド征服

 

f:id:t-akr125:20161220203244p:plain
1688
年、イングランドでは名誉革命が起きました。

カトリック派のイングランド王ジェームズ2世は、議会の反発に会い、王位を追われてフランスに亡命しました。代わりに議会はプロテスタントのオランダ総督オラニエ公ウィレム3世を擁立し、ウィリアム3世として即位しました。

 

しかし、アイルランドのカトリックはウィリアム3世を国王と認めず、ジェームズ2世を支援しました。ジェームズ2世はアイルランドで挙兵し、ウィリアム3世は軍を率いてアイルランドへ上陸しました。

 

1690年にボイン川の戦いが起こり、ジェームス2世のアイルランドとフランスの連合軍は、ウィリアム3世の率いるイングランド軍に破れ、アイルランドのプロテスタント支配は強化される結果となりました

カトリックに対する刑罰法(Penal Laws)はこれまでよりも増して厳しくなりました。

参考:名誉革命 - Wikipedia

 

イングランドによる併合(1801年)

 
f:id:t-akr125:20161220203244p:plain
アメリカ合衆国の独立(1776年)、フランス革命(1789)の影響を受けて、アイルランドでも独立運動が始まりました。

これに対し、グレートブリテン王国は独立運動を抑えるためにアイルランドの併合に動きました。

1707年にイングランド(ウェールズを含む)とスコットランドが合わさって成立した王国

 

1800年に合同法を成立させ、1801年にはアイルランド議会が廃止され、アイルランドは連合法のもとにグレートブリテン王国に併合されて、グレートブリテンおよびアイルランド連合王国となりました。

 

アイルランド自由国の建国・独立~

f:id:t-akr125:20180724002224p:plain 

アイルランドの多くのカトリック教徒は差別され、イギリス支配に対する不満が強くなりました。

 

19世紀:アイルランド独立運動がおこる

1922年:第一次世界大戦後にはアイルランド独立戦争が発生しました。

英愛条約による講和によって、南部・西部アイルランドの26地方がグレートブリテンおよびアイルランド連合王国から分離して自治国(1931年に独立国)となり、アイルランド自由国を建国しました。(イギリス連邦を構成する1国)

プロテスタントが過半数を占める北アイルランド6州は現在もイギリス(United kingdom)の一部となっています。

 

1937年:名称をアイルランド(エール)と変えました。
1949年:イギリス連邦から脱退し、アイルランド共和国とする。北部のアルスターを除くカトリック地域を統治する。(エールの名前も残されています)

 

アイルランド国旗:緑はカトリック、オレンジはプロテスタント、白は両者の和解と友愛を象徴しています。

f:id:t-akr125:20190202140719p:plain

※参考記事

 

「イギリス」の正式名称と名前の由来、イングランド、スコットランド、ウェールズの違い
分かりやすいスコットランドの歴史概要 
イングランドの歴史 アングロ・サクソン七王国の概要

 

※コチラもご参考に
👉分かりやすい中世のイギリスの歴史①(イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)

👉分かりやすい中世のイギリスの歴史②(イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)



 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com