イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、アーサー王、イギリスの歴史に関連する内容を中心に記事を書いています。

シェイクスピアの悲劇「オセロー」のあらすじと原作との相違

スポンサードリンク

オセロー (新潮文庫)

 

ウィリアム・シェイクスピア作の「オセロー」(Othello)は、シェイクスピアの四大悲劇の一つです。

※四大悲劇はオセロー、マクベス、リア王、ハムレット

ヴェニスの軍人であるオセローが、妬みを持つ旗手イアーゴーの策略にはまり、嫉妬と苦しみで妻デズデモーナの殺してしまうが、真実を知ったオセローは自殺する、悲劇です。

 

「オセロー」には原作があるとされています。

今回は、「オセロー」と原作のあらすじを比較し、共通部分と異なる部分を解説します。

 

👉他の4大悲劇の記事

・シェイクスピアの名作「マクベス」 あらすじと実在のマクベスとの違い

・実在の「リア王」とシェイクスピアの「リア王」の共通点と相違点 

・シェイクスピアの「ハムレット」と原作「アムレート」のあらすじ

 

 

シェイクスピア「オセロー」のあらすじ

 

■ヴェニスの将軍でムーア人のオセローは、美しいデズデモーナと愛し合っていました。

 

デズデモーナは父ブラバンショーに、色の黒いムーア人どの結婚を反対されていましたが、駆け落ちしオセローの元で暮らしはじめました。

 

オセローの部下キャシオーは昇進を決め、オセローとキャシオーを嫌っている旗手イアーゴーはひどく妬みます。

 

 

■その頃、サイプラス島にトルコ軍が侵略し、ヴェニスの将軍オセローは軍を引き連れて戦争に行かねばなりませんでした。

トルコ艦隊は全滅し、ヴェニス軍は大勝しました。

 

■勝利を祝う宴会でイアーゴーは、キャシオーとオセローを陥れようと策略を図ります。

(イアーゴーは忠実で誠実な良い人とのイメージを皆に持たせていた)

 
・夜警の下戸のキャシオーに酒を飲ませ、仲間を傷つけさせた
・キャシオーがデズデモーナと密通しているとのでっち上げの話を作り、オセローに告げ口をした
・イアーゴーは、オセローがデズデモーナに送った大切なハンカチ(母の形見)を盗み、キャシオーの部屋に置き、密通の証拠品とした

 

■オセローはイアーゴーの策略にはまり、作り話を信じてしまいます。(誠実を見せかけるイアーゴーを信頼していた)

オセローは、イアーゴーにキャシオーを殺すよう命じました。

 

■オセローはデズデモーナへの愛と怒りと嫉妬に苦しみながらも、自分の手でデズデモーナを殺してしまいます。

 

■しかし、イアーゴーの妻のエミリアは、ハンカチを盗んだのは夫であることを告白し、イアーゴーはエミリアを刺し殺して逃げます。

デズモーナを殺してしまったオセローは自殺をします。

 

 
オセローの原作「デズモーナとムーア人」

「デズモーナとムーア人」とは?

シェイクスピアのオセローの原作となっているのが、ジョヴァンニ・バティスタ・ギラルディ(Giovanni Battista Giraldi (1504–1573) )によって書かれた「デズデモーナとムーア人)Disdemona and the Moor) 」です。

ジョヴァンニはチンチオ(Cinthio、Cynthius,、Cintio、Cinzioなど)とも呼ばれています。

 


「オセロー」と「デズデモーナとムーア人」のストーリーは、大まかには同じです。

しかし、何点かの違いが見られます。

シェイクスピアが物語を演劇でより面白くするために、書き直したと考えられます。

 


登場人物の違い


2つの物語の登場人物を比較します。

「デズデモーナとムーア人」では、登場人物に名前があるのはデズデモーナだけです。


主な登場人物の違い

「オセロー」 「デズモーナとムーア人」
デズモーナ デズモーナ
オセロー ムーア人
キャシオ― 伍長
イアーゴー 旗手
エミリア

旗手の妻

 


※オセローのみ登場

デズデモーナの父ブラバンショウ

部下ロダリーゴー

 

ストーリーの違い、旗手イアーゴーの妬みの原因

 

 ・「デズデモーナとムーア人」では、

旗手(イアーゴー)はデズデモーナに恋をしましたが、デズデモーナから拒絶されました。

このため旗手は、伍長(キャシオー)と浮気をしていると夫のムーア人(オセロー)に信じさせようと企てました。

 

・シェイクスピアの「オセロー」では、

イアーゴーの企みは、キャシオーとオセローの昇進や成功の妬みであり、この点は異なっています。

 


「オセロー」では陥れる相手が、デズデモーナからキャシオーとオセローに変化しています。

 


ストーリーの違い、デズデモーナの死

 ・「デズデモーナとムーア人」では、

ムーア人と旗手は、砂を詰め込んだストッキングでデズデモーナを殴り殺しましたが、屋根が落ちたことによる事故死に偽装しました。

 


・シェイクスピアの「オセロー」では、

嫉妬と怒りの末、泣く泣くオセローはデズデモーナを自らの手で殺します。

 

物語の結末

 ・「デズデモーナとムーア人」では、

デズデモーナが殺された後、ムーア人と旗手は仲違いをする様になりました。

ムーア人はデズデモーナの親類に、拷問を受けて追放され、そして殺されました。

旗手は悪行を続けましたが、他の罪で投獄され、拷問で死亡します。

 


・シェイクスピアの「オセロー」では、イアーゴーの策略による真実を知ったオセローは、自殺する、悲劇です。

 

ムーア人は旗手とも手を組んで、やや加害者的な感じがあり、最後に殺されても、あまり悲劇を感じません。「オセロー」では、イアーゴーのみが悪の根源で、デズデモーナをはじめオセローもみな被害者として描かれています。

 
結末のオセローが自殺する場合も、無念さ、苦しみ、後悔の念が伝わり、悲劇さをより高めていると感じます。

 

 

👉他の4大悲劇の記事

・シェイクスピアの名作「マクベス」 あらすじと実在のマクベスとの違い

・実在の「リア王」とシェイクスピアの「リア王」の共通点と相違点 

・シェイクスピアの「ハムレット」と原作「アムレート」のあらすじ

 

 

オセロー (新潮文庫)

オセロー (新潮文庫)

 
オセロー

オセロー

 

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com