イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

映画「キング・アーサー」。2017年、王座奪回せよ

スラムのガキから王になれ!圧倒的スケールで贈る、新感覚ソードアクション!

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

「ついに 映画「キング・アーサー」が公開されましたね。日本の公開、6月17日がとても楽しみで、待ち遠しいです」

hlo.tohotheater.jp

 

 

キング・アーサーのあらすじ 

アーサーは夢を見ていた。遠い昔の夢である。

「王を殺せ!」

 

王である父と母が、アーサーに何かを告げている。

「我が息子を私のそばから連れ去ってくれ!」
「我が息子よ!」

父の言葉が胸によぎる。

f:id:t-akr125:20170511220806p:plain

 

 

はっと目を覚ましたアーサー。
アーサーの父母は悪者ヴォーティガンに殺され、アーサーはスラムで育った。
アーサーはその中で鍛えられ、強靭な肉体と知恵を身につけていた。

 

「Power」

f:id:t-akr125:20170511220837p:plain

 

そのアーサーが引き抜いたのは、選ばれしものだけが手にできる
「聖剣エクスカリバー

 

エクスカリバーを奪え!」

暴君となったヴォーティガンはアーサーからエクスカリバーを奪おうとする。

f:id:t-akr125:20170511220911p:plain

「やつを追え!」

 

 

お前が考えれるのは、この剣を使ってできることだけだ。
これは運命だ、剣を使うんだ。

「我が息子よ行け!」父の声が聞こえる。

 

「お前は王になれる」

エクスカリバーの力を見せつけろ!」

 

 

王国に君臨する、両親の敵・暴君ヴォーティガンを倒し王になるため、アーサーは仲間と共に立ち上がるのである。

「There is the King!」

 

f:id:t-akr125:20170511221052p:plain

f:id:t-akr125:20170511221120p:plain

f:id:t-akr125:20170511221142p:plain


キング・アーサー
日本公開日:2017年6月17日(土)
監督:ガイ・リッチー
出演:

アーサー役:チャーリー・ハナム
ヴォーティガン役:ジュード・ロウ

ザメーゲ役:アストリッド・ベルジュ=フリスベ
ベディベーレ役:ジャイモン・フンスー
ビル役:エイダン・ギレン
ウーゼル役:エリック・バナ
 

 

キング・アーサー」の予告

※日本語公式サイト

youtu.be

wwws.warnerbros.co.jp

  

※キングアーサーの公式ページ

kingarthurmovie.com

 ※映画の紹介サイト 

www.imdb.com

 

キング・アーサー」の解説、ヴォーティガンは何者か?

※たなかあきらのコメント

f:id:t-akr125:20161216015519p:plain

今回のキング・アーサーは、宿敵ヴォーティガンとの戦いである。

ヴォーティガンとは何者か?

 

ヴォーティガンは、5世紀中ごろのブリタニア(現在のイギリス)に君臨していた王である。(現在のウェールズ中東部に拠点を置いていた)
ヴォーティガンは、当時の王コンスタンス2世を殺害し王座を奪った、と歴史書には書かれている。

コンスタンス2世には弟がいた。アンブロシウス・アウレリアヌスである。
アンブロシウスの復讐により、ヴォーティガンは王座を奪い返されるのである。

この話は、何かに似ていないだろうか?

そう、今回ご紹介している、映画「キング・アーサー」である。
歴史書では、アンブロシウスはアーサーの叔父とされており、今回の映画はこのアンブロシウスがアーサー王のモデルになっているのでは、と思います。

 

 ※ヴォーティガンに関する記事

www.rekishiwales.com

 

アーサー王の家系に関する記事

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com