イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

歴史の勉強 テスト、テスト、テストを出すよ

今週のお題「テスト」

 

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain

こんにちは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。今週のお題、毎週火曜日ごろに記事を書こうかなと思ってます。

 

f:id:t-akr125:20170703222330j:plain

 

変なテスト

僕はテスト勉強は大嫌いでした。

中学校のうちは、ゲーム感覚でテスト勉強をしていたので、まだ嫌いをかわせていました。教科書をどのくらいの時間で間違えずに暗記できるか、計算ドリルや漢字ドリル、英語のドリルをどれが先に間違えずに暗記できるか、そんな感じの勉強をしてました。

 

高校になると大嫌いが増していきました。ゲーム感覚の丸暗記の勉強法が通用しなくなりました。高校の教科書は中学校より分厚くなって、もう僕の脳のキャパオーバー。とても丸暗記はできなくなりました。

 

それに、理屈で考えなきゃダメな教科が増えましたね。物理に数学、微分積分、確率統計みたいなのもありましたね。もうお手上げでした。高校一年、二年、三年と内容が難しくなるに従い、僕の成績は落下していきました。

 

そんなテスト勉強嫌いの中、面白いテストを出す先生がいました。というか問題児の物理の先生でした。名前は「こん平」みたいな感じの初老の先生でした。

授業内容は高校物理のはずなのに、こん平先生は大学の講義みたいで、教科書に書いていない内容ばかり教えていました。誰もこん平先生の授業は理解できませんでしたので、みんな自習していました。

それでも、こん平先生委は、授業中は頻繁にアホな冗談を言うので、そちらは面白く生徒には人気がありました。


こん平先生のテストもあまりにも独特でした。当然、教科書に書いてある内容はテストに出ません。例えば、問題は一問だけで短い問題文が書いてあり、回答は好きに書いてください、みたいな感じでした。

点数の付け方も豪快でした。採点基準は、こん平先生が回答を気に入るか気に入らないか、でした。百点満点のテストで、殆どの人がゼロ点、数名1000点の人がいました。僕は、何と理解していいかわからない、とても中途半端な10点でした。

こんなテストでしたので、物理のテスト勉強はやっても無意味でしたし、普段も物理の勉強をしませんでした。というわけで、こん平先生のせいじゃ無いかも知れませんが、物理が大の苦手になっていきました。

物理はからっきしダメで、その他にも世界史も同じく超赤点でした。僕は暗記教科は得意、と言いましたが、世界史は別問題でした。

グレゴリウス七世、イノケンティウス三世、カール大帝・・・。横文字の人名になじみがなく、どうしてが覚えられないのです。それまで横文字の人名はほとんど知らず、口で発音しても、つまってしまうんですよね。
何っ、ゴリラがイノキとカール食った? こんなバカな事くらいしか頭に残らず、これではテストで点になりません。いつも10点か20点くらいだった気がします。

 

テストをだすよ 

そんな僕ではありますが、なんと今はウェールズの歴史なんか研究しています。
リウェリン・アプ・グリフィズ、皆さんはすらすらと言えますか?
このブログの記事の中でも、こんな舌を噛み切ってしまうような名前の人物たちが、登場しています。す~っと覚えられてしまうんですよね。

テストのための勉強、これはやっても身につかなかった気がします。目標をもって勉強をする。そうすると内容にも興味が出てきて、自然と覚えられるようになると思います。

 

最後にウェールズの歴史について、テストをします。三択問題です。あっているものを選んでください。

 

問1 ウェールズWales)の意味は? 
A: 部外者
B: 良い人たち
C: 仲間

 

問2 プリンス・オブ・ウェールズの意味で正しいものは?
A: 戦艦
B: ウェールズの統治者
C: イングランドの王子

 

問3 イギリス人が選ぶ、ウェールズで最も人気のある歴史上人物は?

A: CW・ニコル氏
B: アーサー王
C: オウァイン・グリンドゥール

 

分かった人は、ツイッターかハテブで回答してくださるとありがたいです。
答えは、僕のブログ記事にすべて載っていますよ。ウェールズの歴史を勉強してくださいね。


えっ、何のためにウェールズの歴史のテスト勉強するのですか?

それは、ウェールズはいろんな所に出現しているので、ウェールズをちょっとでも知ってもらえると、より楽しんでいただけると思いますよ。そのきっかけになればと思います。ウェールズの歴史、たのしんでくださいね。

 

 ※身近でウェールズと関連のあるもの

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

 最後まで読んでくださり有難うございました。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com