読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

絡み合わない結束 ~中世に舞い降りたカムリ戦士たち 第2話~

ウェールズの歴史 歴史創作ストーリー たたかうカムリ戦士

 f:id:t-akr125:20161216015519p:plain

こんばんは。ウェールズの歴史を研究しているたなかあきらです。

ウェールズの10世紀~11世紀にかけてウェールズ王家が分裂して戦いを繰り広げる様子を、様々な登場人物の人間模様の物語をシリーズでお話ししております。

第一話の前回は大王がウェールズを統一した後、息子たちに領土を分け与え、日本の三本の矢のように結束を深めさせた話でした。

さて、実際に結束を深めることは出来たのでしょうか?では第一話の続編をスタートいたします。

第一話:

3本の矢はここにも存在した~中世に舞い降りたカムリ戦士たち 第1話~ 

 

<語り手>

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain
ウェールズの歴史にやたらと詳しいワタル。歴史になると話が止まらなくなる。

 

f:id:t-akr125:20161210161812p:plain
歴史に詳しくないアサオ。心は優しいが、かなり小心者。

 

f:id:t-akr125:20161210161946p:plain
語り手のジェイムス。親切で気の良いお兄さん。

 

これまでのあらすじ 

f:id:t-akr125:20161229150957j:plain

 

※分割していたウェールズ。緑の部分は後にイングランドとなるウェセックスマーシア

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

中世のウェールズは、主にグウィネズ(Gwynedd)、デハイバース(Deheubarth)、ポゥイス(Powys)の三国と、南部のいくつかの小国に分かれていました。三国間での内乱や、アングロサクソン族の国ウェセックスマーシア、さらにヴァイキングに攻められた苦しい時代でした。

9世紀になってロドリ・ザ・グレートという大王が登場して、初めてウェールズの三国を統一して外敵の侵略も退けてウェールズに束の間の平和をもたらしました。ロドリは3人の息子たちに国を分けて、日本の三本の矢のようにウェールズの結束を深めさせました。

 

<登場人物>

f:id:t-akr125:20161229161349p:plain
ロドリ大王

f:id:t-akr125:20161112181151p:plain
長男アナラウド

 

f:id:t-akr125:20161112181241p:plain
次男カデル

 

f:id:t-akr125:20161112181305p:plain
三男メルヴァン

 

形だけの三本の矢

f:id:t-akr125:20161229150957j:plain

 

 

873年、北ウェールズグウィネズに於いて 

f:id:t-akr125:20161112181151p:plain
カデルよ。お前次男のくせに一番広い領土だな。俺のグウィネズより気候もいいし、ちょっと年貢を俺によこせよ。 

 

f:id:t-akr125:20161112181241p:plain
兄貴はその代わりに全体をまとめるルーラーの役じゃないか。ルーラーを俺と変わってくれるのか?

 

f:id:t-akr125:20161112181151p:plain
カデル、お前オレにケンカを売る気か? 

 

f:id:t-akr125:20161112181305p:plain
よせよ兄さんたち。争っていてはダメだよ。もっと父さんの気持ちを考えないと。

 

f:id:t-akr125:20161112181151p:plain
ルヴァン、何もできないくせに、お前は黙ってろ!ポウィスの広い土地をもらえるだけ有難いと思え!

f:id:t-akr125:20161112181241p:plain
まあまあ、メルヴァンの言う通りだ兄貴。兄弟がこんな調子じゃ、隠居した父ロドリも気が休まらないだろう。

 

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain
結束を強めたように見えたけど、仲が良くなさそうな兄弟ですね。ウェールズ版の三本の矢はうまく働いてない気がしますが・・・・・・

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain
矢も弓で構えなければ役に立たないし、鞘に3本収まっているだけではガシャガシャとお互いぶつかるだけだ。上手く働かせるにはカンフル剤が必要だな。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain
本当に3人とも性格がちがうし、この先不安だなあ。敵に攻められちゃいそう。

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain
あまりこのカンフル剤は望ましくはなかったのだが・・・・・・

 

絡み合わない結束

f:id:t-akr125:20161231165058j:plain
877年北ウェールズ、ラズラン城

 

 

f:id:t-akr125:20161229161349p:plain
どうもあの3人はうまくいっていない気がする。このラズラン城で隠居していても落ち着く暇もない。アングルシー島の教会に行ってお祈りをして、ウェールズの平和を願って来よう。

 

f:id:t-akr125:20161231165244j:plain

 

f:id:t-akr125:20161229161349p:plain
何やら外が騒がしいな。何が起こったんだ?

 

f:id:t-akr125:20161229161349p:plain
ヴァイキングが攻めてきただと!

 

f:id:t-akr125:20161231165530j:plain

これまでロドリに敗北して封じ込められていたヴァイキング軍が、ロドリを襲撃しました。これを見たマーシアは軍を送り込みヴァイキングを蹴散らし、ヴァイキングがウェールズを占領するのを避けました。しかし、このチャンスに乗じてロドリにも攻撃を加え全滅させました。

 

f:id:t-akr125:20161229161349p:plain
むむむ、無念。我が息子たちよ、ウェールズの後を頼んだぞ・・・・・・

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain
えっ、やられちゃったんですか?

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain
やられたんです。息子たちの結束力が弱そうな隙をついてマーシアのセオウルフ王が攻撃したんだ。この攻撃はセオウルフの後継者エセルレッドも続けたんだよ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain
ウェールズ大ピンチじゃないですか?

 

絡み合おうとする結束

 

f:id:t-akr125:20161112181151p:plain
何!親父がマーシアにやられた??
何をぐずぐずしている、すぐに兵を集めてマーシアに攻め込むべきだ! 親父の無念を晴らして奴らの領土も奪ってやる!

 

f:id:t-akr125:20161112181241p:plain
いや、兄貴まだ時は早いよ。それよりウェールズの混乱を鎮めて戦力を十分に蓄えることが先決だよ。それからでも遅くはあるまい。

 

f:id:t-akr125:20161112181151p:plain
何をのんきなことを言ってるんだ! 今だよ今!

 

f:id:t-akr125:20161112181305p:plain
僕は戦いに賛成しないよ。でも兄貴たちが決めたのなら僕は従うよ。

 

f:id:t-akr125:20161112181151p:plain
んんん、分かった。今すぐは戦うのをよそう。しかしだ! すぐに戦える準備をしておけよ! いいか、少しでも敵が動いたらすぐに攻め込むぞ!

 

ーーーーーーーーーーーー

4年後の881年、マーシアのエセルレッドが大軍を率いて北ウェールズグウィネズに攻め込んできました。

f:id:t-akr125:20161231171530j:plain

 

 

「アナラウド様、マーシアの大軍が、大軍が攻め込んできました!」

 

f:id:t-akr125:20161112181151p:plain
とうとう来やがったかエセルレッド、ウェールズ3王が力を合わせて親父の仇を必ず取ってやる!弟たちよ、すぐに出陣だ!!

この戦いの行方はいかに!! 

※このストーリーは歴史上の実在人物や出来事が登場しますが、たなかあきらが書いたフィクションです。

最後に:たなかあきらコメント

f:id:t-akr125:20161216225904p:plain

父ロドリが短期間とはいえ平和な時代を作り脅威が少ない中、ロドリの思いとは異なり3兄弟はバラバラに行動します。野望を持ち短気なアナラウド、同じくしたたかに狙っているカデル、大人しく争いを起こしたくないメルヴァンと性格が大きく異なる3人は、なかなか協力しあうことができません。(これは、歴史からのたなかあきら推測です)

平和の中で気が緩み始め、結束も弱まっている時をねらって、ヴァイキングやマーシアが攻撃を仕掛けたと考えられます。

油断していると強国ヴァイキングやマーシアが攻めてくる、まさに油断大敵、油断強敵の表現が当てはまる状況ですね。

 

※参考記事
ロドリ大王の背景が書かれています。あまり読みすぎるとネタバレになりますのでご注意ください。

www.rekishiwales.com

 

※これら記事の著作権はたなかあきらに属します。  

最後まで読んでくださり有難うございました。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com