読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

かわいい13世紀イングランド王の戴冠式を再現 

イギリスの歴史

 

イングランド王ヘンリー三世の戴冠式の再現

f:id:t-akr125:20160919172204j:plain

とってもかわいい戴冠式を再現した動画です。若干9歳の少年、ヘンリー三世が1216年にイングランド王に戴冠してから800年を記念して、イングランドのグロスター教会で行われた戴冠式を再現したリハーサルの様子です。

 

ヘンリー三世の戴冠式の背景

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

ヘンリー三世はそんな幼くしてイングランド王になったんですね

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

ヘンリー三世の生い立ちを簡単に話しておきましょう。ヘンリーは1207年に失地王として名高いジョン王の息子として生まれました。第一次バロン戦争でフランスのルイ8世にロンドンを占領されているときに父ジョン王が亡くなったため、幼くしてイングランド王となったんですよ。

 

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain

イングランドがピンチの時に王になったんですね。

 

f:id:t-akr125:20160331233338j:plain

ジョン王はヘンリーを後継に指名して、イングランドで最も有名な騎士の1人であるウィリアム・マーシャルを後見人にしました。諸侯のリーダたちはヘンリーをすぐに戴冠させ王位を固めようとし、ウィリアムはヘンリーを騎士に叙してグロスター教会で戴冠式を行いました。

通常はカンタベリーかヨークの大司教が聖別をするのですが不在だったため、ウスターとエクセターの司教が行いました。ヘンリー三世以降、すべてのイングランド王はウエストミンスター寺院で戴冠式は行われています。

f:id:t-akr125:20160919172235j:plain

 

参考:

ロスター教会で行われる戴冠式イベントのパンフレット:

http://www.gloucestercathedral.org.uk/content/pages/documents/1468234882.pdf

ロスター教会のページ:
Gloucester Cathedral | 800th anniversary of the Coronation of King Henry III

 

その他のイングランド戴冠式

①エリザイべス一世の戴冠式の様子です(映画エリザベスより)

www.youtube.com

 

②現在のエリザベス二世の戴冠式の様子〈1953年)

www.youtube.com

 

③エリザベス二世の父、ジョージⅤ世の戴冠式(1911年)

www.youtube.com

 

最後に

f:id:t-akr125:20160403180650j:plain
少年の戴冠式とてもかわいかったですね~。イングランドの伝統行事や当時のイングランド王やビショップたちの服装も観ることが出来て素晴らしいですね。
実際に見てみたいですね!

 

※おススメ記事

言語能力を鍛え英語力をアップさせる3つの方法 

ウェールズ国旗:レッドドラゴンの深い歴史 

ウェールズの山:ウェールズの人間味が伝わる映画 

ウェールズの歴史が面白いと言われている4つの理由!

 

最後まで読んでくださり有難うございました。また次回!

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com