イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

暴かれてしまった真実 ~たたかうカムリ戦士20話~

f:id:t-akr125:20170430205827j:plain

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

「「たたかうカムリ戦士」は今回で第20話になりましたね」

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「だいぶ、話も終盤に差しかかってきたようだな」

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「そうですね。自称ウェールズの統治者を名乗る、イドワルですが、強国イングランド王のアゼルスタンは、ハウェルと仲良くなっちゃいましたね」

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「それに腹を立てたイドワルが、ハウェルに戦いを仕掛けてきた!」

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「かっこよかったですね~強かったですね~ハウェルと弟クラドグの強さに驚きました」

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「しかし、退散をせざるを得なかったイドワルは、懲りずに悪だくみを始めたようだ・・・」

 

※前話

www.rekishiwales.com

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

「さて、今回は「暴かれてしまった真実」。不吉な予感がします」

これまでのあらすじ 

ここにまとめてあります~

<登場人物> 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain

ウェールズ内の一国を治めるハウェル。
乱暴者も勉強し落ち着いてきた。

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
ハウェルの弟クラドグ。かなりお調子者。

  

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain

ウェールズの小国ダヴィッドの娘、エレン。ツンデレ系。

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
自称、ウェールズの最権力者イドワル。ハゲで、冷静で冷淡、冷血。
ハウェルを敵対視している。

 

f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
最強国イングランドのアゼルスタン王。

   

頭髪も、心も不毛な奴は放っておけ! 

f:id:t-akr125:20170212114855j:plain
イングランドグロスター。

 

イドワルが着々とハウェルへの対抗勢力を固めている頃、ハウェルは更にアゼルスタン王との関係を深めていた。

 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
「おぉ、ハウェル君、イングランドへようこそ」
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「アゼルスタン閣下、お招き下さりありがとうございます」
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
「実は相談があってな。ヴァイキングを追い出しイングランドを建国したものの、再びヴァイキングからの攻撃が尽きぬ。イングランド各地でヴァイキングの略奪、侵略が留まるところを知らぬ。奴らを止めることが何か良い手は無いだろうか?」
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「我がウェールズもヴァイキングに苦しんでおりますが、これまで領土を奪われた事がありません。その昔、私の祖父ロドリはヴァイキングと戦い、奴らを壊滅させた事があります。それが良いヒントになるかも知れません」
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
「ほぅ〜それはどんな方法かね。とても興味深いぞ」
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「ヴァイキングは突然現れて夜討、急襲が得意です。それで、組織化された軍は混乱をまねいていたのです。奴らの逆に奴らの急襲を利用するのです」
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
「急襲を利用? こちらも急襲するのかね?」
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「さすがはアゼルスタン閣下。ウェールズ兵も急襲を大得意とします。奴らを誘い出し、逆に急襲していたのです」
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
「ふむふむ。同じ急襲をやって勝算はあるのかね」
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「我々は強力なロングボウを必殺技として持っています。奴らは接近戦を得意とするのですが、ロングボウで離れても戦えます。ロングボウで急襲をすれば奴らは手も足も出ません。我がロングボウ部隊をお貸ししますよ」
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
「おぉぉ〜ハウェル君、ありがたい。ハウェル君はとても心強い味方だ。同じウェールズでも、胡麻すりが得意なハゲのイドワル君とは大違いだなあ、はっはっはー」
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「しかし、イドワル殿を無碍に扱って良いのでしょうか? 先日は私の領土に攻めこんで来ましたし、対抗勢力を作っている様ですが」
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
「君は軽く追い払ったんだろう。奴は放っておけばいいさ。問題起こして、自滅するさ。頭だけでなく、心も不毛だからな」
 「そうだハウェル君。協力してもらう代わりに、ワシも何かお返しをせねばなるまい。何でも言ってくれ」
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
ウェールズ法を作って政治はやり易くなったのですが、経済がなかなか進展しません。良い方法はあるでしょうか?」
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
「経済の発展には、商業を育てなければな。ウェールズには貨幣はあるかい?」
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「いえ、これと言って決まったものはありません」
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
「それならば、貨幣を作るとよい。ワシはチェスターに造幣所を持っているので、自由に使ってくれて良いぞ。ウェールズ銀貨を作る協力をせよ、と造幣所に命じておこう」
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「はっ、有難き幸せ」
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
「ハウェル君と話すと、いろいろと物事が進んで楽しいなあ〜」
 
こうしてハウェルはウェールズの王として初めて、自分の銀貨を製造し、アゼルスタンはヴァイキングの攻撃を防ぐことができたのであった。
 

真実とは何なんだ?

f:id:t-akr125:20161231165058j:plain 

ウェールズの北部、グウィネズ国。

 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
「おぃ、お前に頼んでおいた、反アゼルスタン同盟軍の集まり状況はどうだ?」
 
f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
「はっ。となりの国、ポウィスは賛同しましたが、南部のグウェント国とグラモルガン国は同盟に難色を見せてます。それにイングランド国のアゼルスタン閣下の半弟、エドムンド侯爵は未だ返答がありません」
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
「うぬぬぬー。これじゃ、打倒ハウェル、打倒アゼルスタンが進まないじゃないか?」「どいつもこいつも無能な奴ばかりだ!」
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
「ところで、お前。前々から気になっていたんだが奇妙な奴だ。その声といい、他の何処かで会った気がするのだが?」
 
f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
「いえいえ、とんでもないっす。気のせいですよ」
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
「そのマスク、何とかならんか? 脱いだらどうなんだ。暑苦しい」
 
f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
「いえいえ、結構です」
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
「何か怪しいな。脱げよっ」
 
f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
「やめてくださいよ〜」 
  
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
「あっ、お前は」
 

f:id:t-akr125:20170301000706p:plain

「あっ、、 」
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
「お前は、ハウェルの弟! すっとスパイをやっていたのか!」
 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain

 

最後に 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain
とんでもない展開になってきました。ハウェルの弟、クラドグの運命はいったい・・・


※これまでの記事一覧です

www.reハウェルkishiwales.com

 

 ※おススメ記事です

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com