読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

フランスに出稼ぎに行った、出稼ぎ勇者 第二話

f:id:t-akr125:20161216015519p:plain

皆さんこんばんは! ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。
ま、いろいろありまして、出稼ぎ勇者というシリーズを書くことになりました。

 

今回の話は、昨日の投稿記事で、
ラーメンとギョーザとチャーハンのセットを頼んで
ラーメン男、ギョーザ男、チャーハン男を連想して、
話のネタを思いつくに至ったのでした。

 

www.rekishiwales.com


今回の「出稼ぎ勇者」は、コナンという人物を取り上げます。

名探偵コナン未来少年コナンではありません。
古代ウェールズで活躍した、コナン・メリアドク(Cynan Meriadoc)と言う王です。

昨日の記事からすると、チャーハン男であります。

・チャーハン男
脂っぽくてねちっこい、と思いきや、パラパラと冷静に割り切った行動もできる人物。

⇒策略を練り野望をもっていたが、カラドグに諭され態度を急変。司令官に従った男。コナン。

・ラーメン男
なが~くその地を治めていて、年期の入ったいぶし銀のような人物。
⇒北ウェールズの首長を代々務めていた、いぶし銀の男。エウダヴ。

・ギョーザ男
事をうまく包み纏める、真実も包んでその場を過ごし、後でうまい想いをする。
⇒エウダヴのアドバイザーで、幾度のピンチを機智で切り抜けた男。カラドグ。

 

出稼ぎチャーハン男のやったこと

f:id:t-akr125:20170215232150j:plain

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

チャーハン男、コナンは目立たなくて歴史には殆ど登場しないけど、けっこう影響を与えているんだ。

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

ヘェ〜

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

フランスのブルターニュ地方あるだろう。ブルターニュは昔、ブリタニー(Brittany)って呼ばれていた事があったんだ。ブリタニーって、何処かに似た名前だろう。

f:id:t-akr125:20170215231629j:plain

この辺り

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

そう言えば、えぇっと、、、

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

ブリタニア
古代イギリス、ブリテン島一帯にあった国の呼び名さ。
ブリタニーって名前はコナンの出稼ぎと、深いつながりがあるんだよ。

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

そうなんですね!
教えてください!

 

用意周到のチャーハン男

f:id:t-akr125:20170215231711j:plain
当時のブリタニア。(赤いところ)
コナンの叔父エウダヴは、現在のウェールズ(地図の西側)に勢力を持っていた。

(※エウダヴは昨日の記事からすると、ラーメン男)

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

当時ウェールズ付近を治める、長く力を持った首長の一人がコナンの叔父エウダヴだったんだ。コナンは密かに、叔父の後継を狙っていたんだ。

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

ライバルは多くいたんでしょうね。

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

いや、いなかったよ。叔父には息子もなく、ライバルはいなかったんだ。でも、念には念を入れて長い年月かけ、コナンは力を伸ばそうと準備に怠らなかった。

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

何をやっていたんですか?

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

この時、コナンは戦いではなく、婚姻関係を利用して勢力を広げる手段でした。子供がいないコーンウォールを治める首長の娘、更にはアイルランドの首長の娘とも結婚。
自分の娘は北部(現在のスコットランド付近)に嫁がせたんだ。
そして、自分は叔父の後釜になれる時期を待っていたんだ。

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

なんと、用意周到というか、抜け目ないというか。
それで、後継できたんですか?

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

とある人物が出現して、叔父エウダヴはハイハイと、後継の座を譲ってしまったんだよ。

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

コナンはガッカリですね。怒らなかったのですか?

逆上するコナン

 

「話が違うじゃかいか? おのれ〜やっつけてやる!」

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

怒り心頭のコナンは、その人物に戦いを挑んだんだ。

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

それで、それで。

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

挑んだその人物が、いけなかった。
相手が悪かったなあ。


「コナンくん、やめといた方がいいですよ。相手はローマ帝国のエリート司令官、マグヌスですよ。コナンくんでは歯が立ちませんよ」
「うるさい! マグヌスやつ、許せん!」

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

カラドグというアドバイザーに諭されたものの、それを振り切って意気込んだんだ。でも、やはりはが立たずコナンは完敗したんだ。

(※カラドグは昨日の記事では、話を包み込むギョーザ男)

 

「コナンさんよ。ほら、言わんこっちゃない。マグヌス閣下と仲直りしといた方がいいぞ」

「カラドグさん、分かったよ」

 

「マグヌス閣下、参りました。その勇士、感服しました。このコナン、マグヌス閣下のしもべとなり、どこまでもお供いたします」

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

あれれ〜コナンはコロッと態度を変えたんですね。

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

カラドグにも言いくるめられたようだけどね。しかし、これがコナンの人生を変えたんだ。歴史に影響を与える程のね。ブリタニア全体を支配するようになったマグヌスは、さらに勢力を増そうと、大陸へ進出を図ったんだ。

出稼ぎに出て儲けた

 

f:id:t-akr125:20170215232211j:plain

 

これは良いチャンスだ。ブリタニアでは、おれは領土を広げれない。嫁の父を継いだコーンウォールくらいだ。マグヌスについて、大陸に出稼ぎに出たら、どこかおこぼれ貰えるかもな。

「ははっ、マグヌス閣下。喜んで、お供します! どこ攻めましょうか?」
「うむ。西ローマ皇帝グラティヌスの評判が悪い。グラティヌスを倒して、西ローマ帝国を乗っ取ろう」

「はっ、畏まりました」
ふふふ、面白くなるぞ。

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

海を渡って西ローマ帝国にせめこんだマグヌス軍。コナンも大活躍してグラティヌスを倒し、マグヌスは西ローマ皇帝を名乗ったんだ。

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

マグヌスもコナンも凄いことを、やりましたね。
それで、コナンの狙い通りにおこぼれを頂戴できたんですね。

「コナンくん、ご苦労であった。褒美に何処か好きな領土を授けよう」

よしっ、来た!
「それでは、我が領土コーンウォールに近い、この地を下さいませ」

 

f:id:t-akr125:20170215231842p:plain



f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

と言う訳で、コナンは現在フランスのブルターニュ地方の地を譲り受け、ブリタニー国を作ったんだ。(黒い丸の辺り)

コーンウォールに住むケルト系の人々を大勢連れてブリタニーに移住した、いう伝説があるんだ。(コーンウォールは赤い丸の辺り)

コナンの子孫も代々ブリタニーの王を務め、コナンはフランスに出稼ぎにいって儲けた、という訳だ。

 

 


最後に

f:id:t-akr125:20161207232706p:plain

コナンはやりましたね。コナンのブリタニーの影響か、今もブルターニュ地方には多くのケルト系民族が多く住んでいる、と言われています。

以上、
チャーハンより思いついた、コナン
ラーメンから思いついた、エウダヴ
ギョーザより思いついた、カラドグ

それを平らげて偉くなった、マグヌスの話でした。 

www.rekishiwales.com

 

 

出稼ぎ勇者、第一話はこれ

www.rekishiwales.com

 


さて、次回の「出稼ぎ勇者」は、現在のドイツからやって来て、イギリスをひっくり返した兄弟の出稼ぎです。

今回の話は、以前の記事を大いに参考にしています。

ブルターニューを作った男:人生の大転機 

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com