イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

映画 エクスカリバー アーサー王の叶わぬ夢とは

f:id:t-akr125:20170820161029p:plain

 f:id:t-akr125:20161204125616p:plain

こんにちは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。今回は、アーサー王映画の中で、教科書的な映画をご紹介いたします。教科書的ではありますが、その中にアーサー王は実は「こう生きたかったんだ」という叶わぬ夢があったことがポイントと思います。(ネタバレバレです)

 

 

映画エクスカリバーは、アーサー王物語のお手本

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

アーサー王物語を元にした映画はいくつもあります。その中で「エクスカリバー」はアーサー王物語のストーリーを初めから終わりまで、ほぼ忠実に描いていると思います。

・岩に刺さった剣を抜いて王になるシーン
ランスロットと王妃グウィネヴィアとの不倫
・モルドレッドの反逆
・聖杯探索

アーサー王物語の中でキーとなる、これらの項目がすべて含まれているもです。

剣を抜くシーン

f:id:t-akr125:20170820161630p:plain

円卓の騎士たち

f:id:t-akr125:20170820161725p:plain

王妃とランスロット

f:id:t-akr125:20170820161820p:plain

聖杯伝説

f:id:t-akr125:20170820161834p:plain

 

モルドレッドの反逆

f:id:t-akr125:20170820162039p:plain

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

この映画で面白いなと思ったのが、アーサー王の叶わなかった夢を語る部分があることです。更に、 アーサー王は温厚な性格のイメージがありますが、気の弱い面があるものの短気で怒りっぽい、気性の荒いアーサー王が描かれています。

 

エクスカリバー(字幕版)
 

 

アーサー王の叶わぬ夢とは 

f:id:t-akr125:20170820161127p:plain

 

「妻よ許してほしい」
「前から思っていたのだが、いつの日か・・・」

王として様々なことを行ってきたアーサー王ではありますが、叶わぬ夢があったのでした。その夢とは、実に普通に夢でした。しかし、王だからこそ叶わないものであったのかもしれません。

 

アーサーはかつて魔術師のマーリンに尋ねた事がありました。

「騎士たる資格の第一は何だ?」

 

堂々と立ち向かう勇気だろうか?
憐れな人への同情だろうか?
主君や仲間たちへの忠義だろうか?
決しておごらない謙遜だろうか?

 

マーリンの答えは、もっと本質を突くものでした。

「真実が第一じゃ。うそは何かを殺すことになる。覚えておけ」

その通り、アーサー王は真実に生きたのかもしれません。真実を守り、人々が平等に平和に暮らせる様に、生きたんじゃないかと思います。

f:id:t-akr125:20170820161225p:plain

 

頼りない弱気な青年が、岩に刺さった剣を抜く事ができ、イングランドの王となりました。アーサー王はグィネヴィアとも結婚しキャメロットも繫栄して、アーサー王は絶頂期にいました。しかし、その栄光も長くは続きませんでした。

 

「なぜダメなの?」
「法だ」
「夫なのに」
「その前に国王だ」

 

王妃グィネヴィアとアーサー王のやり取りです。真実を守るため、アーサー王は法を重視し、グィネヴィアの願いを聞き入れませんでした。

 

「真実が第一じゃ。うそは何かを殺すことになる。覚えておけ」
マーリンのこの言葉の通りに、絶頂にあったアーサー王に陰りが見え始めます。グィネヴィアの心はアーサー王から離れ、ランスロットの元に隠れて走るようになります。


ランスロットとグィネヴィアの関係を疑う円卓の騎士たち。アーサー王の苦悩がどんどんと深まっていきます。円卓の騎士たちが争いあい、かつての栄光も失ったアーサー王は、気が抜けて身動きが取れない廃人のようになって行くのです。

 

f:id:t-akr125:20170820162817p:plain
激高するアーサー王

f:id:t-akr125:20170820162524p:plain
廃人のようなアーサー 王

 

そこでアーサー王は気がつくのです。アーサー王の心の中には、イングランド王として国を繫栄させていこう、という強い決意がありしかし、アーサー王は責任感が強すぎ、頑固だったのかもしれません。

 

アーサー王は、王としての立派な心はありましたが、人を想う心、人への思いやりの心を失っていたんじゃないかと思います。真実に生きるのもよいかもしれない。しかし、真実だけなら機械にだってできる。人とは真実に生きるだけじゃなく、心で生きているんだ。人間としての心が先で真実が後の場合もあるんだ。

「私は人として暮らすより、国のために生きてきた。円卓の騎士たちと共に黄金時代を築くためだった」
「妻よ許してほしい」
「いつの日か、私がただの人間として暮らせる日が来たら、そなたと再び手を取り合って、夫婦であることを確かめ合いたい。それが私の夢だ」

f:id:t-akr125:20170820161336p:plain

 

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain

僕も社会に出て、会社の方針や職場の役割の中で責任が生じ、目指すべき目標に向かって働いています。アーサー王のように押さえてしまっている心、忘れてしまっている心はないだろうか、本来あるべき姿は何だろうか、を改めて振り返ってみてみようと思います。

 

「一度は成功したのだから、また栄える日もあろう。過去の栄光と未来の夢のために私は再び戦うぞ」 by Arthur

 

エクスカリバー(字幕版)
 

 

※おすすめ記事

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

アーサー王の映画 カテゴリーの記事一覧

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com