イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、アーサー王、イギリスの歴史に関連する内容を中心に記事を書いています。

ローマ軍を破ったウェールズ王Eudaf Hen(エウダヴ・ヘン)の勇敢な行動


f:id:t-akr125:20200208172509p:plain



f:id:t-akr125:20161204185622p:plain
時代はローマ帝国の支配下にあった、4世紀のウェールズ。

ウェールズの首長であったエウダヴ・ヘン(Eudaf Hen、オクタヴィウス(Octavius)とも呼ばれる)はローマ帝国に反乱を起こし、ローマ総督や新たに送られてきたローマ軍を破り、ブリタニア王を宣言する荒業にでました。

このエウダヴ・ヘンの反乱について紹介いたします。

👉時代背景はこちら
<改訂版> 第1章 ローマ帝国に支配されたブリタニア

 

エウダヴ・ヘンの反乱の原因はコンスタンティン1世

f:id:t-akr125:20200208161429p:plain
コンスタンティン1世

 

f:id:t-akr125:20161204185622p:plain
4世紀初め、ブリタニア王および西ローマ皇帝であったコンスタンティン1世(Constantine the Great)は、324年に東ローマ帝国の王も引き継ぎ、全ローマ皇帝となりました。

もはやコンスタンティン1世はブリタニアの統治に直接かかわることが出来なくなり、ブリタニアを後にし、ローマの地方総督をブリタニア王として派遣しました。

これに対して、ウェールズ付近の首長であったエウダヴ・ヘン(Eudaf Hen)は、下級総督が王となったことに、「ブリタニアは見下された」と反乱を起こしました。

※それまではローマ皇帝またはそれに匹敵する身分の人物がブリタニア王となっていました。

 

エウダヴの勝利と敗北

 

f:id:t-akr125:20161204185622p:plain
エウダヴの反乱軍はローマ地方総督を殺害し、エウダヴはブリタニア王を宣言しました。

しかし、これに対しコンスタンティン1世はエウダヴの反乱を鎮圧しようと、大叔父のトラヘルン(Trahern)を送り込みました。

エウダヴとトラヘルンの最初の戦いは、当時の首都であったウィンチェスター郊外でした。勢いに乗るエウダヴはこの戦いでも勝利し、トラヘルンはスコットランドに脱出しました。

※スコットランドにはローマ軍が駐在するカーライルとハドリアヌスの長城がある

 

f:id:t-akr125:20161204185622p:plain
トラヘルンを追ってエウダヴ軍も北上し、両軍はカーライル郊外のウェストモーランドで再び戦いました。

Westmorland - Wikipedia

体勢を立て直したトラヘルン軍にエウダヴ軍は完敗し、エウダヴはブリタニアから脱出せざるを得ませんでした。

こうして、エウダヴの反乱はトラヘルンによって一旦は鎮圧され、トラヘルンはブリタニア王を宣言しました。

 

エウダヴの逆襲

f:id:t-akr125:20161204185622p:plain
ブリタニアを脱出したエウダヴはノルウェーに逃れ、グンベルト王(King Gunbert of Norway)に助けを求めました。エウダヴはノルウェーで反撃のチャンスをうかがっていました。

ところが、ブリタニアで エウダヴを支持する人々は、ロンドン郊外で密かにトラヘルンを急襲、暗殺しました。

トラヘルンが殺害された情報を得たエウダヴは急きょブリタニアに戻り、ローマ軍を蹴散らし、再度ブリタニア王を宣言しました。

 

f:id:t-akr125:20161204185622p:plain
こうして、ローマ軍からブリタニアを奪回したエウダヴは、大きな名声と地位を得ることが出来たのです。

 

ブリタニアとローマの和解

 

f:id:t-akr125:20200208171720p:plain
マグヌス・マクシムス

f:id:t-akr125:20161204185622p:plain
ブリタニア王となったエウダヴには大きな懸念がありました。ローマ帝国が本気になって、ブリタニアを奪回しに攻めて来ることです。

このため、エウダヴは美しい娘エレンをローマ帝国の幹部と政略結婚させ、ブリタニアの安泰を図ろうとしました。

エレンと結婚した相手は、エウダヴ・ヘンの後継者となり、後に西ローマ帝国皇帝となったマグヌス・マクシムスでした。

 
 
f:id:t-akr125:20161204185622p:plain
マグヌス・マクシムスはウェールズでマクセン王とも呼ばれ、マクシムスとエレンの結婚は「マクセンの夢」として物語となっています。
また、ブリタニア列王史によると、エウダヴ・ヘンはアーサー王の祖先とされています。(エウダヴの甥コナン・メリアドクはアーサー王の曾祖父)
 
f:id:t-akr125:20161204185622p:plain
ローマ軍との戦いの勝利、またマグヌス・マクシムスとの関係や、アーサー王との関連などから、エウダヴ・ヘンはウェールズの歴史においても、キーマンであると言えるでしょう
 
マビノギオン―中世ウェールズ幻想物語集

マビノギオン―中世ウェールズ幻想物語集

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: JULA出版局
  • 発売日: 2000/03/01
  • メディア: 単行本
 
ブリタニア列王史―アーサー王ロマンス原拠の書

ブリタニア列王史―アーサー王ロマンス原拠の書

 

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com