イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、ウェールズとの関わりが深いアーサー王などを中心に記事を書いています。

MENU

古代から中世までの化粧 ヨーロッパのメイクアップの歴史 

スポンサードリンク

f:id:t-akr125:20180623133832p:plain

 

人はいつから化粧をするになったのでしょうか?

時代時代によって、化粧をする意味や方法も大きく違っていたようです。

今回は、古代から中世にかけてのヨーロッパを中心に、化粧の歴史について分かりやすく概要をお話いたします。

 

※参考

youtu.be

 

古代エジプトの化粧 

紀元前3000年頃には化粧を始めていたようです。その当時の化粧の目的は、魔除け、虫よけ、日よけの効果を狙っていたようです。古代エジプトのファラオをみると、男性でも毛をツルツルに剃って清潔にして、代わりにカツラをかぶっていたこともありました。

 

f:id:t-akr125:20180623143701p:plain

 

参考:髭剃りの歴史 髭の剃り方からシェービングの目的まで 

 

古代エジプトクレオパトラの時代には(紀元前1世紀)、女性の化粧は魔除けや日よけ目的で、濃いアイシャドーが特徴的でした。

クレオパトラは、マラカイト(深緑)やラピスラズリ(濃紺色)などの宝石を砕いて、目の周りに塗り目に細菌が入らないように虫よけに使用していました。これがアイシャドーの始まり、と言われています。

youtu.be

 

ギリシャ時代の化粧

スポーツが盛んでオリンピックも開かれるようになり、力強さや健康美が重視されるようになりました。人間そのままの美しさが良いという考えです。

このため女性もエジプトの時代と変わり、古代ギリシャでは自然な化粧が望まれシンプルでした。

果物から採った天然色素を頬と唇に使用し、白粉(おしろい)に鉛(なまり)ベースの顔料が使われ、肌を明るく見せていました。

眉はコール墨(すす、金属、脂肪など)で黒く塗って真ん中をつなげ、動物の毛などでつけ眉毛をしていたそうです。

youtu.be

 

古代ローマ時代の化粧 

女性も素肌を清潔にして育てる時代で、肌が白い事がおしゃれの基本、ステータスでした。 古代ローマの女性たちの化粧は、健康的に見せるために、頬骨の辺りに赤みを入れる化粧法が流行していました。

 

色白でつややかであることのほかに美人条件にあったのが、大きな目と長いまつげでした。

アイライナーには象牙やガラス、動物の骨や木片などを使用したもの、方鉛鉱や煤、アンチモンなどを水に溶いたものが用いられたようです。

また、アイシャドーは黒色と青色が人気で、灰やアズライトが使われました。またエジプトの影響で、緑色の孔雀石も用いられたそうです。

youtu.be

 

 

中世 の化粧、エスカレートする白さ

f:id:t-akr125:20180623135345p:plain

中世の北部ヨーロッパと英国では、キリスト教の影響で化粧をすることは公に認められていませんでした。化粧を許されたのは特権階級の人々のみで、化粧で自分自身を美しく見せることに夢中でした。

「雪のように真っ白な肌」が、最大のステータスで、病的なまでの美白がエスカレートしていました。

眉や髪の生え際を剃ったり抜いたりして、額を広く見せるのが流行りでした。

当時の白粉は白鉛や水銀などが含まれていたために、皮膚にシミができたり、歯が黒ずんでボロボロになったり、鉛中毒になる人が多くいました。これを誤魔化すために、口元を隠す扇子が人気となったり、付けボクロが流行しました。

イングランド女王エリザベス一世が、自然な赤毛だったため、女性たちは髪を赤く染めたり、かつらをかぶったりして真似をしていたそうです。

エリザベス朝時代(1558~1603年頃)のメイク

 

f:id:t-akr125:20180623135429p:plain

 

エリザベス1世に関する記事:
エリザベス女王1世の功績と結婚・恋愛話


イギリス女王のエリザベス1世は蜂蜜をベースに、白粉を分厚く塗った化粧をしました。当時はこの化粧方法がブームになったようです。表情が分からないほど分厚く塗られ、顔を作り上げるということからmake up(メイクアップ)という言葉が生まれたそうです。

youtu.be

 

 

フランス革命の頃(1775~1789年頃)のメイク

マリー・アントワネットはフランス国王ルイ16世の王妃で(フランス革命で処刑されるまでフランスを統治)、アントワネットのメイクが当時の人々の間で流行となりました。

顔や首や肩に白粉をはたいてできるだけ白く見せ、わざわざ青い静脈を書いてさらに青白く見えるようにすることもあったそうです。形や大きさの違う黒いシルクのほくろを顔につけたりもしました。

youtu.be

youtu.be

 

ヴィクトリア時代(1837~1901年頃)のメイク

 

19世紀のヴィクトリア時代では、メイクは不作法とされていました。このため、女性たちの化粧は軽く白粉をはたく程度でした。

口紅や頬紅はふしだらと考えられ、女性たちは頬をつまんで赤みを出していました。長い髪は女性らしさの象徴でしたが、シニョンにまとめていました。

シニョン:束ねた髪をサイドや後頭部でまとめた髪型のことである。簡単に言えば、ポニーテールを丸くまとめたものである。

youtu.be

 

おススメの記事 

www.rekishiwales.comwww.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com