イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

部下になった覚えはない! ~たたかうカムリ戦士 18話~

こんばんは。ウェールズの歴史研究家たなかあきらです。9世紀~11世紀にかけてウェールズ王家が分裂して戦いを繰り広げる様子を、様々な登場人物の人間模様の物語をシリーズで描いています。
 
前回の第17話は、イングランド王のアゼルスタンが突然ハウェルの元にやって来て、ハウェル食ってかかるという場面でした。
今回も、ハウェルとアゼルスタンの会談の続きです。
 
※前話

 (登場人物は実在ですが、ストーリーとキャラはたなかあきら作です)

 
 

これまでのあらすじ 

ここにまとめてあります~

www.rekishiwales.com

 

<登場人物> 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain

ウェールズ内の一国を治めるハウェル。
乱暴者も勉強し落ち着いてきた。

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
ハウェルの弟クラドグ。かなりお調子者。

  

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain

ウェールズの小国ダヴィッドの娘、エレン。ツンデレ系。

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
ウェールズの最権力者イドワル。冷静で冷淡、冷血。
ハウェルを敵対視するようになる。

 

f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
最強国イングランドのアゼルスタン王。

   

ヤバイ、ヤバイ。短気発動・・・ 

f:id:t-akr125:20170315010820p:plain

ウェールズの西部デハイバース。
ハウェルの領土にイングランド王アゼルスタンが突如やってきて、会談が行われていた。

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
お言葉ですが、アゼルスタン閣下に忠誠を誓ったことも、傘下に入ったつもりもございません。

 

f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
何だとっ! このワシに面と向かって言えるとは、いい度胸だ。面白い、話を聞こうじゃないか。
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
ひぇっ、あっ、兄貴、あんな事言っちゃった
ひぇっ、大丈夫っすか
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
言い過ぎよ、ハウェル、、、
昔の悪い癖は出さないで、、、
 
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
ふふふ、もし、ワシがけしからん、と言ったらどうする?
  
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
ここはウェールズです。更に私の国、デハイバースです。つまりは、ウェールズ法の管轄です。脅しには乗りません。暴力には法で対抗します。法のもとに集まった大勢の人々がいます。
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
兄貴、あんな事いってらぁ・・・
怖いっ、ヤバイっすよ
 
 
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
アゼルスタン閣下。少し言い過ぎました、お許しください。アゼルスタン閣下のお話、頭ごなしに拒絶するつもりはございません。ウェールズにも話し合いという文化があります。アゼルスタン閣下が仰るのと同じ様に、私も閣下のお話しを聞きたいと思います。
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
うぬぬぬ、言いたいことを言ってくれるではないか。
はっ、はっ、はっ、これは参った。一本取られたわ。
そう言うなら、お主が作ったウェールズ法とやらを見せてもらおう。
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
これです。 
 
 
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
アゼルスタン閣下が怒り出さないか、、、あぁ、緊張するわ。足が震えるっ
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
ドキドキ、ドキドキ。はぁ〜ドキドキっす
 

戦いか、傘下か、それとも

 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
こ、これは、、、
 
 
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
素晴しい
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
 イングランドも是非手本にしたい法だ。どこで勉強された?
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
ローマです。
ローマで世界各国の法律を勉強し、ウェールズの慣習と組み合わせました。
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
なるほど、通りで。ハウェル君、ワシの完敗だ。そこで、一つ提案がある。イングランドと、いやワシ、アゼルスタンとでもよい。同盟を結ばんかね
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
傘下ではなく?
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
こんな素晴らしい法と、肝の据わったリーダーがいる、傘下より同盟のほうが良かろう。
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
本当ですが?有り難き幸せ。是非喜んで。しかし、閣下はイドワルをウェールズの統治者に選んだと聞きましたが。
 
f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
イドワルくんか?  ああ、あんなゴマすりのハゲ野郎は放っておこう。ハウェル君は気にすることも無かろう。では、今度イングランドにお越し下さらんか。ゆっくりともてなしをしたい。
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
是非、喜んで。とんだ失礼を、お許し下さい。今日は是非ゆっくりと、ウェールズの料理をお楽しみ下さい。
 
 
ーーーーーーーー
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
ああ、危なかった・・・・兄貴スゲ〜
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
本当、生きた心地がしなかったわ。
でもハウェル凄いわ。見直したわ。
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
おぉぉっ、どうしたんすか、エレンのアネさん。
嫌に今日は素直っすね、ひひひっ
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
ぽっ。はっ
 

きな臭いにおい 

 
f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
・・・という状況なんすよ。 
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
何ですとっ!!ハウェルがアゼルスタン閣下と同盟?
ウェールズ統治者のイドワル様を差し置いてか?
待てよ、ワシはアゼルスタン閣下に忠誠を誓い傘下にいる。
と言うことは、ワシはハウェルより下って事かっ! 許せぬ、ハウェル!
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
攻撃だ攻撃!
 
f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
はっ、攻めるんすか?
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
当たり前だ、ハウェルと戦争だ!
 

つづく

最後に

f:id:t-akr125:20161207232706p:plain

ハウェルは、昔ワルだったころの気が強くて短気な性格が出てしまいましたが、何とか収まりました。一方、冷静であったライバルのハゲのイドワルが、乱心気味になってきました。本当に戦いが始まってしまうのでしょうか・・・・

 

※これまでの記事一覧です

www.reハウェルkishiwales.com

 

 ※おススメ記事です

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com