イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史、イギリスの歴史、アーサー王、イギリスの歴史に関連する内容を中心に記事を書いています。

ジャンヌダルクの生涯が分かる映画 「ジャンヌ・ダーク」

スポンサードリンク

 

ジャンヌ・ダーク [DVD]

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain
こんにちは。たなかあきらです。
今回は、フランスの英雄、ジャンヌダルクの映画「ジャンヌ・ダーク」をご紹介いたします。

1948年と古い映画で、ジャンヌダルクの伝記映画です。当時アカデミー賞2部門受賞し、7部門でノミネートされてた作品です。

「ひと時の勝利など、人々の記憶からすぐに薄れるが、彼女の名は永遠に消えない」

 

ジャンヌ・ダルクの時代背景

フランス・ロレーヌ地方の農民の家に、ジャネットまたはジャンヌと呼ばれる17歳の少女がいた。年頃の娘なのに、友達と遊んだりはせず、信仰心が厚く変わった子供だ、と言われていた。

ジャンヌは苦しんでいたのである。子供のころから、同じ神の言葉が聞こえていたのである。

 

時代は15世紀初め、フランスとイングランドは100年戦争の真っただ中にあった。フランス王はシャルル6世は精神障害を持っており、国政を十分に行うことは不可能であった。王が不在状態の中、摂政たちが権力争いをし、フランスは乱れていた。
その状況をチャンスとみて、イングランド王ヘンリー5世はフランスに軍隊を送り込んで来たのである。

フランスはイングランドに敗戦続きで、オルレアン付近での戦いにも敗北しイングランドに占領された。イングランド支配下の領土は広がり、フランスは窮地に立たされていた。

 

※時代背景が良く分かる記事

イギリスとフランスの100年戦争の分かりやすい概要

※オルレアン付近のニシンの戦いでフランスは敗北していた

ニシンの戦い - Wikipedia

f:id:t-akr125:20180414202431p:plain

  イングランド王ヘンリー6世の支配下イングランドの領土)
  ブルゴーニュ公フィリップ3世の支配下イングランド側)
  フランス王太子シャルル7世の支配下(フランスの領土)
オルレアンは、イングランド領とフランス領の境にあり、パリもイングランド支配下にあった
※地図:ウィキペディアより

 

神の啓示

ジャンヌがきく神の言葉は、日ごとに強くなっていった。ジャンヌには、神の言葉は自分の使命であると思うようになった。

「国のために戦い、イングランドに勝利をし、王太子シャルルをフランス王にせよ」

 

王太子シャルルは、シャルル6世の息子で後継者として期待をされていた

 

神への信仰心が強いジャンヌは決心し、叔父の助けを借りてロレーヌ守備隊長であるロベール卿に会い、王太子シャルルの下に連れっていってほしいと懇願するのである。

しかし、ロベール卿は田舎娘の突拍子のない話に、耳を傾けようとはせずジャンヌを追い返した。

 

ジャンヌはあきらめなかった。来る日も来る日もあきらめずにロベール卿に話を聞いてもらおうと城門外に居続けたのである。

ジャンヌの場合、神のみ心に従うという信仰心から来るものであるが、強い熱意は見習うべきものがある。

ジャンヌは魔女だ!という声も上がるが、フランスを救いシャルルを王にしたい、という思いが、民衆や兵士の心を動かし始めるのである。

そして、ロベール卿はついにジャンヌの話を聞き、その熱意に心を打たれ、従者をつけてシャルル王太子のもとへ、ジャンヌを送るのであった。

魔女か信者か 

フランスが窮地にさらされている中、王宮では王太子や貴族たちが遊びにふけっていた。王太子は戦争するよりも遊びを好み、王になって国を導く意思も持っていなかった。

ジャンヌが道中ですれ違う、フランス兵たちも酒や女に溺れ、フランスが勝利する状況からは程遠かった。

 

「国のために戦い、イングランドに勝利をし、王太子シャルルをフランス王にせよ」

ジャンヌは必死で神の啓示の内容を王太子に訴えた。しかし、神の声など聞けるはずはない、ジャンヌは魔女だ! やはり王宮では皆がジャンヌを非難した。

ジャンヌは聖職者たちから調査、審議を受けた。異端の魔女か?それとも正しい信者なのか?

その結果、ジャンヌは異端の魔女ではなく、ジャンヌが訴える神の啓示は正当性があると判断された。王太子もジャンヌが言っている事が本当に実現するのではと思える、と言いジャンヌに協力することになった。

 

オルレアン包囲

こうして、田舎少女の行動であるが、あきらめない強い熱意に人々は心を動かされていき、ついに王太子をもフランス一国をも動かすようになるのである。ジャンヌ自身も甲冑を身にまとい、戦地へ突入していく。

 

「神を信じ、神に従いなさい。そうすれば、必ず勝利します」

奪われたオルレアンを取り戻そう、ジャンヌの言葉に押されたフランス軍は勇敢にイングランド軍に向かって行った。しかし、戦況は思うようには好転せず、ジャンヌも矢を射られて傷を負ってしまう。フランス軍は、敗戦を受け入れて退却を始めた。

 

しかし、傷ついた体に鞭を打ち、ジャンヌは敵に立ち向かっていこうとした。その熱意に心を動かされたフランス軍は奮闘し、ついにイングランド軍に勝利しオルレアンを取り戻したのであった。ジャンヌは英雄・ヒロインとなった。

こうして、王太子シャルルは、シャルル7世としてフランス王となり、ジャンヌの夢はかなったのである。

※ジャンヌ率いるフランス軍が、歴史的勝利したオルレアン包囲戦

オルレアン包囲戦 - Wikipedia

 

永遠に消えない名

イングランドに奪われた領土を、さらに取り戻すため、パリを取り戻すため戦いを続けなければならない、それが神に従うことだ、とシャルル7世に訴える。しかし、戦いを好まないシャルル7世は、イングランドと休戦協定を結ぶのであった。ジャンヌは戦いを禁止され、失意に落ちるのであった。

 

休戦期間が終わるとジャンヌは軍を率いて強行手段に出た。コンピエーニュ包囲戦の援軍として戦地に向かい、イングランド側のブルゴーニュ公国軍と戦ったのである。

不運にも、ジャンヌはブルゴーニュ公国軍に捕らえられてしまい、イングランド側に引き渡されてしまったのである。

コンピエーニュ包囲戦 - Wikipedia

 

イングランドにとって、フランスの人々を勇気づけヒロインとなったジャンヌの存在は目ざわりであった。しかし、簡単に処刑をしてしまうと、フランス国民の反感を買ってしまい、逆効果の恐れがある。そこで、ジャンヌをキリスト教の異端の魔女であり、悔い改めないために処刑する、というシナリオを考えた。

ジャンヌは投獄され厳しい不衛生な環境で、再三にわたり不利な誘導尋問を受けた後、異端の罪を犯したと判決が下った。そして、1431年5月30日に火あぶりの刑に処された。わずか19歳だった。

 

「ひと時の勝利など、人々の記憶からすぐに薄れるが、彼女の名は永遠に消えない
彼女の灰や言葉は国中に種をまき、あらたな芽を出すだろう
そして、この国を未来へ導くだろう
今後何世紀にもわたり語り継がれる聖女の物語となり・・・」

 

マックスウェル・アンダーソンの舞台劇「ロレーヌのジャンヌ」を映画化したもので、主役のジャンヌ・ダルクイングリッド・バーグマンが演じる。イングランドとの百年戦争において、神の啓示を受けフランス軍を率いた少女ジャンヌ・ダルクの物語。(1948年)

 主演:イングリッド・バーグマンが演じるジャンヌが美しい

 

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

最後まで読んでくださり、有難うございました。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com