イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

映画 円卓の騎士 これぞアーサー王映画の王道だ

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain

こんにちは。ウェールズ歴史研究家、たなかあきらです。数あるアーサー王の映画の中で、「円卓の騎士」は代表的な作品の一つだと思います。このアーサー王の映画を語る上では、外せない映画じゃないか、と思います。

円卓の騎士 [DVD]

円卓の騎士 [DVD]

 

 

映画 円卓の騎士はすごい

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain
アーサー王の映画を観ようと思うのですが、どれから始めようかなあ。
ねえ、ワタルさん、どれがおススメですか?

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain
アサオ君、「王道」って言葉は知っているかい? その道を語るには避けて通れないもの、教科書的なものかな。アーサー王映画の中にも、基本となる映画があるんだ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

基本ということは、アーサー王映画の「先駆け」って意味もありますか?

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain
そうだな。1953年制作の映画で、初期のアーサー王映画だと思うよ。アーサー王物語の本なら、トマス・マロリーの「アーサー王の死」で、アーサー王の映画を観るなら、僕はこの映画は避けて通れないんじゃないか、と思うよ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

そんなに古い映画なんですか? 

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain
古いだけに、映画のスケールがすごいし、映画の内容は「これぞアーサー王物語」だという映画だ。ちょっとだけ、内容を紹介しよう。

 

アーサー王だ。

f:id:t-akr125:20170814124149p:plain

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain
おお、かっこいい。まさに王という威厳と気品に溢れていますね。

 

王妃、ギネヴィア。

f:id:t-akr125:20170814124243p:plain

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain
おお、なんと美しい~。オードリー・ヘプバーンを見ているような、ローマっぽい雰囲気もしますね。

 

ランスロットだ。

f:id:t-akr125:20170814124313p:plain

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain
ダンディーな感じでハンサムですね。やっぱり、この映画もギネヴィアと円卓の騎士ランスロットは、恋をしてしまうのですか。

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain
まあ、王道の映画だからな。王道だけに、アーサー王は石に刺さった剣を抜いて王になるし、円卓の騎士たちと共に勢力を広げていくし、アーサー王に反逆するモルドレッドもいるぞ。おっと、これ以上話すと、ネタがバレバレになるので、この辺にしておこう。

 

f:id:t-akr125:20170814124512p:plain

宿敵、モルドレッド

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain
最近はCGで、きらびやかなシーンは迫力あるシーンを作ってしまうけれど、今から60円以上前のこの映画は、そんな技術はないので、すべて実写なんだよね。

f:id:t-akr125:20170814124618p:plain

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

すごいですね。このシーンにはとても憧れますね。ぼくも衣装を着て、エキストラでもいいから出演してみたいです。中世の時代にタイムスリップしたようですね。

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain
さらにすごいのが戦闘のシーンだよ。まさに、実際に戦場で戦っているかのような、すごい迫力があるよ。

手に汗握る、アーサー王ランスロットの対決。剣と剣、力と力がぶつかり合う、迫真のシーン。

f:id:t-akr125:20170814124728p:plain

 

大軍を引き連れて戦う、まさに実戦さながらの迫力シーン

f:id:t-akr125:20170814124759p:plain

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

かなりローマ色が強いアーサー王。この映画を観ると、他のアーサー王の映画が物足りなく感じてしまうくらいだよ。

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

そんな映画が1953年に作られていたとは、すごいですね。まさに、アーサー王映画のパイオニア的な「王道」の存在なんですね。

 

最後に

f:id:t-akr125:20161204125616p:plain

アーサー王の映画がある中で、僕はこの「円卓の騎士」をおすすめします。この映画を観ると、アーサー王物語はどんな内容なんだろう?というのが良く分かりますし、CGを使っていないので、中世当時の衣装や雰囲気がとても良く伝わってきます。
最近のアーサー王の映画と見比べてみるのも楽しそうですね。 

円卓の騎士 [DVD]

円卓の騎士 [DVD]

 
アーサー王の死 (ちくま文庫―中世文学集)

アーサー王の死 (ちくま文庫―中世文学集)

 

 

 

※おすすめ記事

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

アーサー王の映画 カテゴリーの記事一覧 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com