読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。歴史深いウェールズに触れて下されば嬉しいです

MENU

メモリー オブ クラドグ

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
クラドグ・アプ・カデル像

 

www.rekishiwales.com

 

モリー オブ クラドグ

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「前回は、中心的なキャラクターであった、クラドグが消えてしまいました」

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「実に残念な最後であったな・・・」

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「僕、クラドグを最初から振り返ってみたいと思います」

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「それ、いいな。各場面を取り上げながらクラドグを思い出そう」

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「最初に出てきたのは、まだ兄のハウェルと共に暴れまわっていた頃でしたね」

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
えへへ、どうも、ごっちゃんです~

 

f:id:t-akr125:20170121181142j:plain

ハウェルとクラドグはダヴィッドに侵入し、自分が昔アナラウドから受けた略奪や放火の行為を繰り返した。

www.rekishiwales.com

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「このころは、隣国を攻め略奪を繰り返した狂暴な存在だったなあ」

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「後に兄ハウェルの妻となるエレンが住む国、ダヴィッドを攻撃して、エレンを人質に取ったときなんかは、完全にワルでしたね」

f:id:t-akr125:20170131213052j:plain

www.rekishiwales.com

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「人質にとったつもりのエレンは気が強く、逆にクラドグとハウェルはやり込められていた場面は、面白かったなあ」 

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
もし、いやだ、と言ったら?
野蛮な男、無能の男はいや、と言ったでしょう。

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
こ、この女!! 

 

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
無能じゃなかったら、怒らないわよね。

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
くくくく・・・

 


f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
私が一声かけたら、どうなるかお分かり?

www.rekishiwales.com

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain
「だけど、こんな場面が続いて、3人は仲が良くなっていくんですよね」

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「そうそう。エレンの強気に押されて、ハウェルもクラドグも野蛮な戦いをやめるようになって、戦いなしで国を守ろうとしていったな」

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「ストーリーを振り返ると、エレンの思うつぼにハマっていったということでしょうか」

 

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
そうよ、そうよ。ケレディギオンはどうするのよ

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
いっその事、兄貴について行っちゃいますか?

 

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
ローマね。そうね、それもいいわね。


f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
ところでエレンのアネさん。ぐふっ、最近急に俺達、意見が合いまっすね。

www.rekishiwales.com

 

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「ところで、クラドグは宿敵イドワルへのスパイ行為がバレて、殺されてしまったんですけど、いつからスパイを始めてたんですか」

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「調べてみると、第8話の時にすでに出現していたんだよ」

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「え、そんなに早い時期から?」

f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
何だかデハイバース付近がさわがしいですよ、イドワル様。

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
うぬ。ハウェルが暴れているようだな。

f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
いかがしましょうか。
軍を派遣して黙らせましょうか。奴の親父の時の様に。

www.rekishiwales.com

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「すでに、そのころから作者は仕込んでいたようだな」

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「そういえば、クラドグがスパイをやっている事を、ほのめかしているような場面も徐々に出てきてましたね」

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「うむ、今言われるとそうだな。いやにクラドグは情報を詳しく知っていたしな」

 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
なに、クセものっ。誰っ、何しにここに入ってきたの
 
(・・・)
  
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
何?誰?
 
(オレっすよ)
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
へっへっへっ。アネさんを脅かすつもりじゃ無かったけど。
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
なんだ、クラドグ、驚かさないでよ。変わった服装で分からなかったわ。

www.rekishiwales.com

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「ほんと、あたかも味方のふりして、しょっちゅう敵のイドワルと会話してましたね」
 「それが、とうとう見つかってしまって・・・・うっ、うっ、うっ」
 

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
イドワル様を怒らせてしまったな。ワシの恐ろしさを思い知らせてやるぞ! くそっ、今に見てろ!国中の有りったけの猛者たちを集めてこい!
 
f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
え~、戦いするんすか?
 
f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
当たり前だ! ハウェルに脅しをかけに行くぞ!
言われた通りやれ!

f:id:t-akr125:20170314230637p:plain
はっ
 

 ※スパイがバレた場面

www.rekishiwales.com

 

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「クラドグにも夢があったなあ」

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「クラドグは兄のハウェルが大好きだったんですよ。ハウェルがローマで勉強して賢くなったので、自分もハウェルのように賢くなりたいなあって」
「それが、かなうことがなくて、残念です」
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
さすがは兄貴。賢いなあ。兄貴、俺も一緒に行っていいすか? 俺も勉強して学者になろうっと。
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
帰ったらクラドグにも教える、って約束だったな。
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
あっ、そうすっよ、そうっすよ
へへへへ、俺も兄貴に学んで、賢くなるんすよ、へへへへ。
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
ひぇっ、、、⚪︎✖︎△?∞W(`0`)W✖︎✖︎✖︎▫️((((;゚Д゚))))))) 
何すかこれ? 言葉っすか?
 
 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「僕、クラドグの好きな場面を、いくつかあげます」
「やっぱり、アネさんのエレンとの漫才のようなやり取りが好きですね。クラドグの名言も入ってますね。夢に向かって生きていけば、人生何が起こるか分かんナイスよ」
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
やっぱり俺は勉強して賢くなり、ウェールズの大臣になるんすよ。
 
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
ダメよダメダメ。さっき計画にもならないって言ったでしょ。
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
夢に向かって生きていれば、人生何が起こるか分かんないすよ。
 
f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
クラドグの言う通りだな。
無理と分かっても夢は大きく、挑戦するのが男だ。
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
そうすよ、そうすよ、兄貴の言う通りっす。夢を持つと、何が起きても人生楽しいっすよね〜。ワクワクするな〜
  
f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
そうねぇ、クラドグの熱いドクドクとする情熱は認めるわ。
だけど、頭はクラクラなのよね〜
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
何か言いました?アネさん!
 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「それと、根っから戦い好きの性格が出たところ。ちょっとかわいいです」
「クラドグの戦士としての強さですね。ハウェルとともに、強すぎる!」

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
数万の兵が集まっているそうっすよ。へっへっへ、兄貴〜
久しぶりっすよ、兄貴。思いっきり暴れてやりましょう~♡

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
うひょ〜、奴ら射ってくるみたいっすよ〜♡
ハウェル兄貴、攻めましょ、攻めましょ。
うひょひょひょ、たまんないっす、この感覚~♡
見てくれよ、俺の剣がまだかまだかって言ってるっすよ。

www.rekishiwales.com

 

最後に

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plainf:id:t-akr125:20161213223417p:plainf:id:t-akr125:20161211142909p:plain
 「たたかうカムリ戦士」はこれから佳境に入りますので、最後までご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。
 
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
「よろしくッス」
 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「あっ、クラドグ」

www.rekishiwales.com

 

 

 ※おススメ記事です

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 
取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com