イギリス・ウェールズの歴史ーカムログ

ウェールズ語ではウェールズの事をカムリ(仲間)と言います。ウェールズの歴史と、ウェールズとの関わりが深いアーサー王についてのページです

MENU

なんと衝撃の面会、たたかうカムリ戦士 ~第24話~

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「前回の23話では、亡くなったイングランドのアゼルスタン王のお墓参りに出かけたところ、ハウェルとエレンはイドワルに会ってしまいましたね」

 

f:id:t-akr125:20161210161513p:plain

「何とも嫌味なハゲのイドワルだったな」

 

f:id:t-akr125:20161213223417p:plain

「エレンも対抗したけど、イドワルにはムカつきます」
 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

「そんな出会いの最中に、新イングランド王のエドムンドが現れました。どんな驚くべき展開が待っているのでしょうか?」

www.rekishiwales.com

 

 

これまでのあらすじ 

ここにまとめてあります~

<登場人物> 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain

ウェールズ内の一国を治めるハウェル。
乱暴者も勉強し落ち着いてきた。

 

f:id:t-akr125:20170121171839p:plain
ハウェルの弟クラドグ。かなりお調子者。スパイがバレてイドワルに殺される。

  

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain

ウェールズの小国ダヴィッドの娘でハウェルの妻、エレン。ツンデレ系。

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
自称、ウェールズの最権力者イドワル。ハゲで、冷静で冷淡、冷血。
ハウェルを敵対視している。

 

f:id:t-akr125:20170212115631p:plain
最強国イングランドのアゼルスタン王。

 

エドムンド新王の衝撃

f:id:t-akr125:20170513195113j:plain

イングランド王、アゼルスタンが埋葬されているイングランド、ウィルトシャー寺院 。ここでの出来事である。

 

 

 f:id:t-akr125:20161015123918p:plain
「者ども、静まれ、静まれ」

 

<<うるさいっすよ、何を騒いでるんすか!>>

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
「これは失礼いたしました、エドムンド閣下。お目にかかれて光栄です。私がウェールズを治めるイドワルと申します」


f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「私めがハウェルと申します」

 

 <<お主がハウェルか。皆の者、面を上げよ>>

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
「はっ」

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「あっ、エドムンド閣下!」

 

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
「えっ、エドムンド閣下???」

 

「わしが新イングランド王、エドムンドだ」

f:id:t-akr125:20170528122036p:plain

 

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「クラドグ!?」

 

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
「クラちゃん!」

 

※イドワルに殺された、ハウェルの弟クラドグ
f:id:t-akr125:20170121171839p:plain

 

 

f:id:t-akr125:20170528122036p:plain
「ワシはクラドグではないっすよ。エドムンドだ。 お前たちの誰かに似てるんすか?」

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「はい、私の亡くなった弟にソックリです」

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
「うぬぬぬ、クラドグの野郎にクリソツだ」

 

f:id:t-akr125:20170528122036p:plain
「ほぅ〜そうなんすか。それは奇遇だ。そう言えば、ハウェル、お主と初めて会った気はしないっすな。これまで、どこかで会ってはおらんかね? 」

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「いえ、お会いしたことは無いと思いますが、、、」

 

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
「私たち、エドムンド閣下とは今回が初めての面会です」

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「あっ、思い出しました!まさか、あの時、、、ひょっとしてエドムンド閣下はローマにいらっしゃった事はないですか?」

 

f:id:t-akr125:20170528122036p:plain
「ローマ!あるっすよ、あるっすよ〜 何年か前にローマ巡礼に行ったことがあるっす。その時に会ったのか?」

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「多分そうでしょう。私もローマで法律の勉強をしに行った時に、クラドグをローマで見たと思いましたからね」

 

f:id:t-akr125:20170528122036p:plain
「おぉ、そうであったか。なるほど、ワシも思い出してきたっスよ。ハウェルを見かけた気がする。懐かしいっすなあ。旧友にあった気分っすよ〜」

 

※過去の回想(ローマ滞在時)

f:id:t-akr125:20170121171746p:plain
これは凄い!法とはこんなに凄いものだったのか。我々は何て遅れていたんだ。よし、勉強して世にない先端の法を作ろう。
 
f:id:t-akr125:20170121171746p:plain
おやっ、クラドグが通った気がしたな。
ローマにクラドグが居るはずないしな。気のせいか。
勉強、勉強!

www.rekishiwales.com

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「私は兄弟に会った気分です」

 

f:id:t-akr125:20170528122036p:plain
「あぁ、君にとっては弟に会った気分だろうなぁ。ハウェルくんの噂も先王の兄、アゼルスタンから何度も聞いておったすよ。うんうん、今回はワシが兄貴でハウェルくんが弟分っていうのは、どうっすかね〜はっはっ」

 

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
「あっあのう〜お取り込み中、失礼します。エドムンド閣下、ウェールズ統治者のイドワルですけど、、、」

 

f:id:t-akr125:20170528122036p:plain
「んっ、イドワル? 忘れておったすわ。あぁ、君がハゲ野郎か?」

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain

「いえ、ウェールズの統治者イドワルでございます」

 

f:id:t-akr125:20170528122036p:plain
「それで、ハゲくんがワシに何の用っすか? まぁ、君の面倒くさい噂も兄からいろいろっと、聞いていたっすよ。それに訳の分からない、面倒な使者が何度も来ていたな」

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
イングランドウェールズ、両国の統治者が初めての面会。ここは良好な関係を築きたいと思いまして、是非会食をさせていただきたいと存じます」

 

f:id:t-akr125:20170528122036p:plain
「はぁ、今は気が乗らないな。せっかくだが、ハゲくん。ワシは君とメシを食べる気はないっすわ。ワシはこれから弟ハウェルとご婦人と過ごすと決めたんすよ」

「じゃ、そう言う訳で失礼するっすよ。バイバイ」

 

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
「結構、エドムンド閣下は軽いわね。そんな所もクラちゃんに似てるわね」

 

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「ああ、でも驚いた。エドムンド閣下がこんなにクラドグに似ているとは」

 

f:id:t-akr125:20170129181124p:plain
「クラちゃんに会えたみたいで、嬉しいわ。クラちゃんが捕まってから、どんどん私たちの状況が悪くなってきたけど、急に運が向いてきた気がするわ」

f:id:t-akr125:20170320111943p:plain
「おれもそう思うよ」 

 

f:id:t-akr125:20170528122036p:plain
「ハゲはほっといて、さっ御両人、晩飯に行くっすよ」 

 

 

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
「ヒェッ、なんたる屈辱! エドムンド閣下もハウェルも許せぬわ!」

「ハウェルよりまずイドワル様と友好を結ぶのが先だろ!この俺様を誰だと思っているのだ。ウェールズ大王、イドワル様だぞ!! ワシの恐ろしさと実力を見せてやるわ!」

 

f:id:t-akr125:20161211142909p:plain

ウェールズ稀代のハゲ野郎、イドワルはどう動くのか? 争いなしでは済まされない雰囲気が漂い始めたようです。

 

 

f:id:t-akr125:20170121171624p:plain
「えい、ムシャクシャする! ハゲ、ハゲ言うな!」

 

次回へつづく

 

※※追記

f:id:t-akr125:20170528123234p:plain

実はハウェルがローマにいた第12話をアップしたとき、きゃとらにさんから、こんな鋭い突っ込みを受けてました。その時の答えが、今回の24話なのです。


 

※ストーリー一覧 

www.rekishiwales.com

 

 ※おススメ記事です

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

www.rekishiwales.com

 

最後まで読んでくださり有難うございました。

 

取材、記事のご依頼、お問い合わせはこちらまで t.akr125@gmail.com